1. まとめトップ

全身脱毛症とは

全身脱毛症は読んで字のごとく、全身に及ぶ脱毛症で、それこそマツゲまでしっかり抜け落ちてしまうので、本人も周りの人間にもかなりの衝撃だと思います。

短期間で体中の「毛」という「毛」が抜け落ちるのだから、本人の衝撃は想像を絶します。

頭髪はもちろんのこと、胴体、腕、足の毛が生えなくなります。
産毛すらないことがほとんどです。

人によって、身体の数箇所にだけ生えている、ということがあるようです。

将来を期待される若手選手 下野佐和子

プロレスラーになる前は介護福祉士として働いていました
資格は、介護福祉士とヘルパー1級の2つを持っています

原因不明の全身脱毛症・・・

13年の暮れごろには全身のありとあらゆる毛が無くなり、頭にバンダナを巻いて試合に臨むようになった。

黒いバンダナを巻いてます。

常に帽子はかぶってるし、鼻の毛だってなくなって守ってくれるものがなくなったわけだから、風邪や病気にもかかりやすくなってしまった。まつ毛もなくなり、目にすぐ細かいゴミが入るようになった。
毎日にある当たり前の事でも、急に当たり前じゃなくなる。
徐々に自分が当たり前じゃなくなっていったような毎日を過ごしてきた精神状態は正直きつかった。

全身脱毛症を告白

イベント試合中、頭のバンダナが取れてしまったのだ。

プロレスを初めて見る観客も多い中、突然現れたスキンヘッドに笑い声も上がったという。予想外のアクシデントに下野はパニックになった。

何とか試合を終えたものの、リング上で髪のない頭をさらしたのは初めてのこと。
落ち込んだが、同時にある思いが湧き上がってきた。「ちゃんと公表する時が来たんじゃないか」。現実と向き合い、ありのままの自分を見せるべきなのではないか、と。

やっと現実と向き合えた気がしました。
少し気が楽になりました。

無くなったものは仕方ないといえば、
それだけで済んじゃうんだけどね。

こうやって、バンダナが取れてしまったり、破けたり、何かのタイミングなんだと。そう思い昨日はバンダナをせずに試合をすることを決意致しました。

バンダナがあっても、無くても、これからも下野は変わらず生きていきたいと思います。
髪の毛が無い、それだけ。

関連リンク

1





chiiitamさん

気になること、好きなこと
どんどんまとめていきます♪