1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

長生きの秘訣にはいろいろとあります。魚を食べたり、毎日軽い運動を続けるのは大切です。しかしスウェーデンのカロリンスカ大学の研究でそれよりももっと大切なことがあるとわかりました。

それは「立っている」時間の長さだそうです。

遺伝子にどのような関係があるのかを調べた結果、座っている時間が長い人はテロメアが短く、その時間が短い人はテロメアが長い

最近は座っていることに関する健康リスク報道が
かなり目立ちますが、座っている時間が長いと
生活習慣病や短命化を招くそうで、
そのような生活習慣の場合は運動してもリスクが
あまり減らないようです。

座っていることが多い仕事の人には驚きの研究結果は
過去にもあり、座る時間が1日11時間以上の場合、
それ以外で身体的にどれほど活動的であろうと、
3年以内に死亡するリスクが40%以上高まるそうです。

座る時間が1日11時間以上の場合、それ以外で身体的に
どれほど活動的であろうと、3年以内に死亡するリスクが
40%以上高まるそうです。

座る仕事の人はまめに立って歩き回るようなことで活動的にすると
よいのかも知れません。

心疾患、糖尿病、肥満などの防止に、心拍数を上げる運動が効果的であることは疑問の余地がない。だが、最近になって、こうした疾患と長時間の座位姿勢が、別途に関係している可能性を示す複数の研究結果が報告されている。

1