1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

香川真司を無能扱いしたファンハールという男とは?元指導を受けた選手、部下が次々その醜態を暴露

ファンハール"被害者"の暴露 なぜファンハールは忌み嫌われるのかまとめました。

更新日: 2014年10月07日

DSPECさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
31 お気に入り 302889 view
お気に入り追加

迷走、暴走が続くファンハール監督率いるマンチェスターユナイテッド

■"暴走"とも言える大型補強を行った今期のマンU

ユナイテッドは今夏、FWラダメル・ファルカオ、MFアンヘル・ディ・マリア、MFアンデル・エレーラ、DFダレイ・ブリント、DFルーク・ショー、DFマルコス・ロホを獲得。移籍金の総額は1億5000万ポンド(約267億円)以上に上るとみられている。

■過去最悪に近いシーズンのスタート

今季からルイス・ファン・ハール監督が就任したユナイテッドは開幕から5試合を終え、1勝2分2敗の勝ち点5で12位に低迷している。21日のレスター・シティ戦は3-1から4失点を喫し、3-5の大逆転負け。プレミアリーグで2点リードをひっくり返されたのはクラブ史上初めてのことだった。

14-15イングランド・プレミアリーグは27日、第6節の試合が行われ、本拠地で試合に臨んだユナイテッドは、最後はなんとか逃げ切り、ようやくリーグ戦今季2勝目を挙げた。

名指しでファンハールから"無能"扱いされチームを去った香川

ファン・ハール監督は香川について、「私はアメリカでのプレシーズン遠征で彼を守備的MFの位置で試したが、彼は私の望みと哲学を満たさなかった」と説明した。

その後香川はご存知の通り、古巣のドルトムントへ復帰を果たしている。

世間的な名声は"名将" "鉄のチューリップ"の異名も

ファン・ハール氏は、オランダ・エールディビジの強豪アヤックス(Ajax)や、低迷していたAZアルクマールで監督を務め、オランダ国内で数々のタイトルを獲得しただけでなく、ドイツのバイエルン・ミュンヘン、スペインのFCバルセロナでリーグ制覇を果たすなど、多くの栄光を手にしてきた。

フリットが語った"ファンハールのチーム作りの異常さ" がとても的を射ている

オランダワールドカップ終了後からマンチェスター・Uの指揮を取ることになったファン・ハール監督の手腕を、フリット氏は「クレイジーだと思う」とバッサリ切り捨てている。

「家を建てる時にはみんな土台から作り始めるものだ。だが、ファン・ハールは屋根から作り始めている。だから、彼らは崩壊している。私にはよく理解できないよ」

フリット氏の目には、ファン・ハール監督が土台も築かず、表層的な部分から名門再建に着手しているかのように映っている。
「なぜ守備から始めようとしないのか理解できない。今、彼はそこに着手する必要がある」

かつての教え子、部下らからの暴露でその特異な性質が明らかに

"被害者"たちの声

■クローゼ

現代で最も傑出したストライカーの一人であるクローゼもファンハールの被害者のひとり。

「彼が指揮官だった時は、自分のキャリアにとって最も難しい時期だった。自由と感じたことは一度もなかったよ。彼の期待に応えるのは、本当に難しいことだった。どのように動けば良いのか尋ねたけど、理解することはできなかった。自分ができることを全てやったが、それでは十分ではなかった」

バイエルン時代の指揮官だったファンハールについてたずねられてのコメント。

■リベリ

バイエルンのサイドの王様リベリも確執を告白。

ルイス・ファン・ハールが率いていた1年半はすべての面で本当に最悪だったから、ハインケスがしてくれたことは、ものすごく重みがあったね

試合の後、たとえ勝ち試合のあとでも、ロッカールームに歓喜の雰囲気なんかなかった。生きる喜びなんてかけらもなかったね

1 2





DSPECさん

サッカー、野球を中心にスポーツニュースを主にまとめていきます。まれに漫画一覧、その他のニュースもまとめていきます。

このまとめに参加する