運営者はすでに43万ドル以上の資金調達をしていますが、その収益モデルから、正式に公開せれてからの急速は普及は、難しいと考えられています。

2014年9月現在、Ello(エロー)はベータ版です。
ということは、今後このポリシーがどのように変わってもおかしくないことを意味しています。

Facebookはかつて、自分のごく身近な人物で形成されるクールなSNSでした。それが規模の拡大とともにユーザーの疲弊を呼び、新たな受け皿としてEllo(エロー)がひとつの候補となっているにすぎません。

今後Elloが独自のポリシーを貫くのか、注目です。

前へ

この情報が含まれているまとめはこちら

広告なしのSNS「Ello」って知ってる?Facebook難民が殺到中で話題!

Facebookの広告に嫌気が差した人が殺到しているSNS「Ello」が話題となっています。読み方はエロー。広告なし!ユーザー情報の取得なし!なんと、ポルノ(性的表現)OK!いったい「Ello(エロー)」とはどんなサービスなのでしょう。

このまとめを見る