出典 kiseru.italu-ya.com

キセル

色々な種類があり、1000円以下の小さな物もあるが、2000円~のある程度の大きさがあるものの方が手入れも含めオススメ。
大きさや素材により味の変化がある事から最初の一本をしっかり選びたい。

この情報が含まれているまとめはこちら

【初心者キセル入門】キセル(煙管)デビュー!こんなに簡単だった【うまいのにタバコ代節約】

あがり続けるタバコの税率。すっぱり禁煙出来ればいいのですがハードルが高いです。おサイフの負担が軽くてタバコを続けていく方法を模索していたところキセルに落ち着きました。そして何と言ってもタバコがおいしい!!そんなキセルの入門から使ってわかるメリットなどまとめて見ます。

このまとめを見る