キセルを用意して吸える準備が出来たら早速吸ってみましょう。
難しい事はあまり考えず基本は下記の3点です。
※刻みタバコは「宝船」が加湿されていて買ってすぐに吸いやすいです。

①刻みタバコを丸めてキセルの火皿に入れる
②火をつけて吸う
③吸い終わった灰を掃除する

【おいしく吸うためのコツ】
・勢い良く吸いこまない。肺に息を吸い込まずに口を「もぐもぐ」させたり「んぱんぱ」させる感じです。熱いスープをすするようにやさしく吸いましょう。紙巻きたばこと同じように勢い良く吸うと熱い煙で舌を火傷してしまう恐れがあります。

丸める方法や量などキセル喫煙の入門動画がありますので参考にするとわかりやすいです。

紙巻タバコとキセルを使った刻みタバコで大きな違いは肺喫煙か口腔喫煙の違いがあります。
口腔喫煙とはいわゆる「ふかしている」と言う状態で、煙を肺まで吸い込まずに口に含んで吐き出す吸い方です。(葉巻やパイプなどでおなじみの喫煙方法です。)

紙巻タバコになれていて最初は物足りないと思うでしょうが実際に吸ってみると確かにタバコを吸った満足感もありニコチン摂取は出来ているんだな~と実感しました。

このあたりは個人個人の嗜好の問題もありますので、どうしても肺喫煙のがっつりした喉ごしの吸い心地がいいと言うのであれば刻みタバコをゆるめに丸め煙を少量吸い空気を吸うことや、煙を少量口の中に溜めた後さらに空気を吸い込んで肺に入れるなどでキセルでも肺喫煙が可能です。

キセルのメリットとして嗜好にあわせた吸い方で個人個人の楽しみ方を出来る事があげられます。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【初心者キセル入門】キセル(煙管)デビュー!こんなに簡単だった【うまいのにタバコ代節約】

あがり続けるタバコの税率。すっぱり禁煙出来ればいいのですがハードルが高いです。おサイフの負担が軽くてタバコを続けていく方法を模索していたところキセルに落ち着きました。そして何と言ってもタバコがおいしい!!そんなキセルの入門から使ってわかるメリットなどまとめて見ます。

このまとめを見る