1. まとめトップ

少女時代に驚きの新展開 ジェシカの脱退で8人体制へ

少女時代のジェシカが脱退するようです。ファッション事業を始めるそうですが、当のジェシカは所属事務所に解雇されたと、納得いっていない発言をしています。真実は一体何なのか?人気が高いメンバーなだけに8人体制になった少女時代がどうなるのかにも注目です。

更新日: 2014年10月02日

2 お気に入り 16015 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

dragon-oneさん

少女時代のジェシカ脱退のニュース

30日午後、少女時代の所属事務所であるSMエンターテインメントは報道資料を通じて「今年の春ジェシカが、本人の個人的な事情で、あと一枚のアルバムの活動を最後にグループの活動を中断することを知らせてきた」と明らかにした。

ジェシカがファッション関連事業を始めることになり、継続的な議論にもかかわらず、到底グループを維持することができない状況に至るようになった

出典prcm.jp

2009年に発表した「Gee」が大ヒットし、一躍韓国アイドル界のトップスターとなる。活動地域の言語によってグループ名を変えて、大韓民国だけでなく、アジア諸国、日本、欧米でも活動を行っている。日本でのグループ名は、少女時代である。

ウィキペディア参照

メンバー

テヨン、ジェシカ、サニー
ティファニー、ヒョヨン、ユリ
スヨン、ユナ、ソヒョン

今後は8人体制で活動するとのこと

Official Website

http://www.girls-generation.jp/TheBEST_911/

△ジェシカがファッションブランド事業を開始した為に、事務所とメンバーとトラブルになっていたことが明らかに。そのいきさつとは?以下、ジェシカの主張

ジェシカのファッションブランド事業は少女時代にとってデメリットだったのか?

「情熱と愛情を注ぎ15年以上共にしたメンバーたちと会社は、私が(ファッション関連の)事業を行っていることを理由にチームから出て行ってほしいと要求し、とても大きく傷つき残念な気持ちを隠せない」と語った。

当初、ファッションブランド事業開始は事務所やメンバーの同意の上でのことだった

「個人的に関心があった事業を計画しながら事務所やメンバーたちに数回にわたって十分に説明し理解を求めてきた」とした。その上で「事務所から事業を並行することに同意と許可をもらいメンバーたちからも祝福を受け事業を始めた」と主張した。

少女時代に何があったのか?突然、メンバーたちが事業を辞めるか、少女時代を出ていくかの二者択一を迫った

ジェシカは「しかし、9月初めにメンバーたちが突然立場を変えた。メンバー会議で事業を辞めるか、少女時代を出て行くか二者択一するよう要求してきた」と説明

当然、ジェシカは15年以上もの時間を費やした少女時代を辞める気はなかった

「チーム活動をおろそかにしたことはなく、事業パートナーとの契約で事業を中断することはできない。選べというのは不当な要求だ」と訴えたという。

しかしながら、一方的に事務所から少女時代脱退を余儀なくされた

9月16日に所属事務所の社長と会い、こうした立場を伝え事業を並行する許可を再度もらったが、29日に一方的に事務所から少女時代から出て行くよう通告されすべての活動から除外されたと説明した。

「少女時代を最優先にしてきた」当然、ジェシカに納得いくものではなかった

ジェシカは30日午前、自身のWeibo(中国版Twitter) に「所属事務所であるSMエンターテインメントと少女時代の8人のメンバーから今日付で、私はこれ以上少女時代のメンバーではないという通告を受けました」と明かした。

ジェシカは「私は少女時代の活動を優先して積極的に取り組んでいるのに、正当ならぬ理由でこのような通知を受けて、非常に戸惑いました」と付け加えた。

解雇または脱退については、「個人の生活や事業よりも『少女時代』の活動を最も優先してきたにも関わらず、”出ていってほしい”という通知を受け困惑し傷付いている」と明かした。

出典ameblo.jp

所属事務所は、ジェシカの個人活動に対し、引き続き支援し、マネージメントをしていく予定とのこと。

食い違う所属事務所とジェシカの発言 ※もちろんジェシカを信じます

所属事務所SMエンターテイメントは「ジェシカの方が先に少女時代の活動をやめたいと言った」としているが、ジェシカ本人は「正当な理由なく脱退通告された」と話している。

ジェシカは少女時代をやめたくないんじゃないかな、、、。ジェシカのweiboのコメントとSMのコメントが食い違ってる。

所属事務所とコメントが食い違ってますよね?納得いっていない様子。

ファンへの謝罪と意味深発言

ジェシカは「不本意ながらファンに心配をかけて申し訳ない。このような状況は私が決して望んだことではなく、私はいつも少女時代を大切に思いこれからもそれは同じだ」としてファンに謝罪した。

1 2 3