大抵の消費者金融系カードローンの場合、貸付条件に「安定した収入がある人」とあります。
つまり、職業や就業形態の指定はないが、継続した安定収入がある、ということが条件になるので、「パート・アルバイト・嘱託・契約社員」でも申込み可能ということになります。

ただし、総量規制の対象となってしまうため年収の3分の1までしか借入れを行うことができません。(例:年収150万円の場合、合計50万円までしか借りられない)
銀行の場合は、この制限を受けることはありませんが、消費者金融系よりも審査が厳しくなっています。

消費者金融系の場合は、銀行よりも審査が格段に柔軟なだけでなく、融資までのスピードが早いので即日融資にも対応してくれます。

審査に不安がある方や、冠婚葬祭などで大至急現金が必要という方には「消費者金融系カードローン」が強い味方になってくれることでしょう。

※過去に金融ブラックとなる履歴がある場合は(返済遅延、踏み倒し、任意・債務整理、自己破産など)借りられないことが多いので、ご注意ください。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

パート・アルバイトでも借りられるカードローン

パートやアルバイトの方でも借りられるカードローンはあります。どこに申しこめばお金を借りやすいのか、紹介していきたいと思います。

このまとめを見る