1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

トマトジュースや野菜ジュースが好きで毎日飲む人は一時的にお腹がゆるくなったり、吐き気、ゲップ、だるいなどの症状がでる場合があります。これはカリウムの過剰摂取によるもので、本来は1日に何ℓも飲まなければ起こらないのですが、腎機能が低下しているときなどに野菜ジュースを飲み続けることで腎臓がカリウムも排泄しきれなくなり不具合が起こります。筆者の身内も900mlの野菜ジュースを毎日飲んでいたところ、下痢と相当なだるさで病院行きになり「野菜ジュースの飲み過ぎ」と注意されました。

野菜ジュースには健康的な成分の外に、こんなにもたくさんの糖質が含まれているんです。
野菜ジュースなのに!糖質の量を調べた結果本末転倒な結果に出典:livedoor.blogimg.jp
・定番の1日分の野菜
糖質の量は1本あたり14.8gです。これを1個3.7gの角砂糖で表します。
14.7g÷3.7g=4個
角砂糖約4個分の糖質が入っている

「生のリンゴを食べたグループは、4週間後にHDLコレステロール(善玉)が減少!」

「りんごジュースを飲んだグループ、4週間後にLDLコレステロール(悪玉)が増加!」

って結果になったそうな。これは、ジュースができる過程でポリフェノールや食物繊維が失われちゃうのが原因なんですが

毎日飲むと むしろ不健康になる?!野菜ジュースの怖さ

食物繊維は飲みにくくなるので、あらかじめ取り除いている。メーカーによっては香料やビタミンC、ミネラル、カルシウムなどの食品添加物で補っています」。

化学的に合成された香料は3200以上あり、それらを組み合わせて作る。たとえば、イチゴの香料なら、酪酸エチル、乳酸エチルアルデヒド、リナロール、アセトフィノン、アルデヒドなど20種類以上を混ぜて、天然に近い香りを作る。「フルーツ飲料系のみならず、野菜ジュース、缶コーヒー、お茶に至るまで、さまざまなドリンクに香料は使われている。作れない香りはない」

野菜で貧血を起こす!

こうした添加物以上に安部さんが問題視するのは、野菜ジュースに含まれている硝酸態窒素だ。野菜に取り込まれる硝酸態窒素が国際的に問題になっているという。

大量の砂糖が使われている?

一方、糖分が高く、大量の砂糖を使用しているとされる野菜ジュースだが、これについては「“砂糖不使用”と書いてある製品には使用されていません。しかし中には、果糖やオリゴ糖など、他の糖質が含まれている場合もあります」と説明。さらに、「砂糖の主な成分はショ糖という二糖類で、糖質のひとつです。表示に、糖質あるいはショ糖と書いてあれば砂糖を加えたのかも? と思われるかもしれませんが、ショ糖は野菜などにも含まれていますから、こだわりの野菜ジュースに含まれる“糖質”は、原材料である野菜または果実に由来するものがほとんど。糖質は三大栄養素のひとつである炭水化物から、消化されない食物繊維を除いた成分の総称で、人間にとって欠かせない重要なエネルギー源です」と述べた。

1