これは、情報やコミュニケーションのバランス…ということもあるのですが、一番の理由は物価です。家賃や住民税、その他固定費として算出するあらゆるものが、地方と都市でここまで違うの?という経験をしました。

同じ日本で、ここまで物価の違いがあるとは知りませんでした。

例えば、山梨県から移動して、今現在は長野県にいますが、家賃2万円台の住宅なんてざらで、月5万円も出せば立派な戸建てが借りれます。

また食費も大きく変わるはずです。スーパーに出ている食材の物価も違いますが、直売所のシステムや近隣で余ってしまう食材のお裾わけなども、必ずといっていいほど経験することでしょう。

もちろん仕事やインフラ・住環境など考慮する点もありますが、あくまで若年層の貧困を打開することを念頭に考えると、家賃・食費・月収のバランスは、新たに見つめ直す必要があると思います。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

日本にいながら月3万円で暮らす方法。【やめるべき7つのこと】

固定費は必ずかかってしまうお金。だから削ることはできない。ただ、それはその場所で、その暮らし方をしていたら…という前提がありき。日本を動き回る中で見た地方の暮らしから学ぶ、これからを生きる僕らの生活提案!!

このまとめを見る