1. まとめトップ
  2. レシピ

少しの手間でインスタントコーヒーが「本格っぽい味」に♪

ほんの少しの手間で変わります!お試しあれ♪

更新日: 2014年10月16日

hiepitaさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
781 お気に入り 110961 view
お気に入り追加

いつもお世話になる「インスタントコーヒー」

いつもと違うコーヒーを味わってみませんか?

【インスタントコーヒーを本格派にする方法】

とりあえず水で練っとけば超ウマい!

ためしてガッテンでも紹介されて話題になった方法です。ティースプーン一杯ほどの水をいれてスプーンの背で練ってから普通にお湯入れるだけで格段においしくなります。

「練る」ことで溶け残りを無くしてくれる

ちょっとだけお湯を入れて「練る」ことが溶け残りを無くして、味を調えるのがコツです。

「鍋コーヒー」

1.必要な量の水を手頃な鍋で沸かす。
2.沸騰したら粉コーヒーを投入。そのまま一分間沸かす。
3.火から下ろしコップ半分の水を投入する。対流が止まり、粉が沈殿する。
4.上澄みをコップに注ぐ。粒が幾らか浮いているが時間がたてば沈む。

コーヒーをお湯で溶かして普通に入れた後、電子レンジで温める。

インスタントコーヒーの分子構造が活性化され味がまろやかになるそうです。

酸味や苦み、うまみのバランスがいい感じといえばいい感じなので、多分「この味好き!」という方も多い

から炒りしよう!

焦げ付きを抑えるためにもテフロン加工のフライパンを選び、インスタントコーヒーを弱火でじっくり炒り、ほんの少し焦げてきたかなというところで火を止めてカップに移してお湯を入れます。

フライパンで乾煎りすると意外とおいしくなる

インスタントコーヒーをテフロン加工のフライパンで弱火でさかさか炒るだけなんですが、これがなかなか香ばしさがアップします。

実は隠し味として最適

「コーヒーに塩?」と思われるかもしれませんが、実は隠し味として最適で、アラブ諸国などでは一般的な飲み方として知られています。

塩のミネラル成分が手伝って、味がまろやかに

でき上がったコーヒーに、ほんのひとつまみだけ、塩を加えてみると、いつもと違うコーヒーを楽しめます。

逆に麦茶に粉を入れても美味しいみたい

「インスタントコーヒーの粉をひとつまみ入れてみてください。香りがガラッと変わります。」とのことです。

カップに注ぐお湯は80度から90度ぐらい

基本的に温度が高すぎると苦味が増して、低すぎると酸味が増します。

沸騰したお湯はNG

80度から90度ぐらいまでがまろやかで香りも引き立ちます。それでもやっぱり「熱いコーヒー希望」というのであれば、カップを温めることで冷めにくくなります。

1





まとめについて勉強中です。

このまとめに参加する