1. まとめトップ

「PCがウィルスに感染しました」?──"ニセ"警告画面にダマされないで!

最新の音声警告画面「不審なアクティビティの為Windowsがブロックされました。」…等々、ブラウザやOS提供元が表示させたかのような、もっともらしい"騙りアラート"の現状、および有効な回避方法をおさらいします。

更新日: 2018年04月04日

1 お気に入り 17091 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

最新!関連ニュース

ナンと!? "音声付き"の マイクロソフト(?)社による"警告画面"↓まで登場しました。

ただでさえクレームを直には受付けたがらないM社が、向こうから「この電話番号に今すぐ かけてください」なんて、言って来るハズないじゃありませんかw みなさん、絶対に!!電話なさらないでくださいね。

ナンと!? "音声付き"の ニセ"警告画面"↓まで登場しました。
 
早い話が「セキュリティを復旧(して、元通りの安全を確保)したくば、記載のTEL番号に連絡しろ」、という趣旨の脅し文句〔約40秒〕を流してきます…。

もっともらしい?画面でダウンロードを促しますが、ウイルス検出だなんて、まったくの嘘!!!ですから。

アクセスしてきたOSはサーバー側で検知できるので、もっともらしくOSの種別を表示させる手口も常套手段。
 
だからといって、PCを診断できているハズもないので、信用してはイケません!

基本その1: やたら「チカチカするやつ」には取り合うな!

「お使いのパソコンの性能が低下しています」「ご利用のPCはクラッシュ寸前です!」…等々、根も葉もない「脅し文句バナー」でクリックを誘う、巧妙な悪質アプリ散布&植えつけ用広告が増えています。

けっしてクリックしないように。


(註)以下すべて、当まとめに掲載しているのは再現画像であり、実際(のニセ警告)のような不正リンクは張ってありません。当ページでクリックする分には拡大表示されるだけですが、他の場所に出てきたなら絶対、触らずにおきましょう^^;

お節介焼きな「~が検出されました。~してください」は、典型的な(根も葉もない)ダマしのメッセージ。架空請求詐欺と同じです。

けっしてクリックしないように。

「Windowsエラーの修正が必要な可能性があります」?

… 日本語として意味が通りません^^;

この、なんともレトロな「Windows XP」スタイルのデザインが(いまだに!??)よく混ざるのも、この詐欺バナー業界の特徴。

だましやすいのは、75歳以上の高齢者層。ならマシンも思いっきり古臭いXPユーザーが狙い目?…とでも思われてる?のか。

上と同じ詐欺集団の作とみられるバナー。
 
こちらは「Windows Vista」デザイン・バージョンw

この表示が出たら、ブラウザのタブを閉じるか、"もどる"ボタンで逃げてください。

「いいえ」をクリックしてもインストールが始まる危険性が高いので、言葉につられて"枠内のどこかをクリックする"ことは絶対に避けましょう。

エラーなど起きてません。もし他の場所で見かけたら、けっしてクリックしないように。

もし他の場所で見かけたら、けっしてクリックしないように。

もし他の場所で見かけたら、けっしてクリックしないように。

もし他の場所で見かけたら、けっしてクリックしないように。

もし他の場所で見かけたら、けっしてクリックしないように。

もし他の場所で見かけたら、けっしてクリックしないように。

「このウィンドウを今後表示しない」といった一見、ありがたそうな補助指定?欄も、たいていの場合は罠です。

絶対に(チェックを入れようと)クリックしたりせず、表示そのものを無視して「何もしないで」ください。

もし他の場所で見かけたら、けっしてクリックしないように。

【 ←註:ご覧のブラウザ環境によっては、チカチカ点滅していない(ように見える)場合があります。その場合、画像部分をクリックして画面を移動すると、実際のようにチカチカします。】

スキャンしてはイケません。

セキュリティ・ソフトを入れてるPCなら、ウェブ上からWindowsの状態に警告してくること自体が、詐欺誘導の証し!と心得ましょう。

これも、Windows XPスタイル。もし他の場所で見かけたら、けっしてクリックしないように。

完全無視で放っておいても、ご利用のPCが今スグご臨終になったり、大音響とともに砕け散る(クラッシュする?!?)コトはありませんので、ご安心ください。

これも、同上。 もし他の場所で見かけても、絶対クリックしないように。

もし他の場所で見かけたら、けっしてクリックしないように。

けっしてクリックしないように。

1 2