1. まとめトップ

AC/DCマルコム・ヤングが認知症…あのギターリフはもう聞けないのか!?

オーストラリアの新聞が「AC/DCのマルコム・ヤングが認知症を患っている」と報道したが、マルコムの家族はそれが事実であることを認めた。

更新日: 2014年10月01日

4 お気に入り 50738 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

syatohanさん

◎アンガスとマルコムの兄弟を中心として結成のAC/DC

AC/DC(エーシー・ディーシー)は、オーストラリアのハードロックバンド。アンガス・ヤング、マルコム・ヤングのヤング兄弟を中心として、1973年12月にシドニーで結成された。

バンド名の由来は、電化製品の裏側に書かれていた「AC/DC」により、ヤング兄弟の姉が大音量で演奏していた彼らを掃除機の喧しさに例えて名付けたものといわれる。

◎ボーカル、ボン・スコットの死…

1980年2月19日、ボン・スコットが友人の車中で死亡しているのが発見された。原因は睡眠中、嘔吐物を喉に詰まらせての窒息死であった。

◎新ボーカル、ブライアン・ジョンソン加入!

1980年、ヴォーカリストのボン・スコットが死亡し、彼らは後継のヴォーカリストとしてブライアン・ジョンソンを迎える。

◎6作目のアルバム「Back in Black」が売れまくる!

Brian Johnson(ブライアン・ジョンソン)が加入後にリリースされた6作目のアルバム「Back in Black」は、Michael Jackson(マイケル・ジャクソン)の Thriller、Pink Floyd(ピンク・フロイド)のThe Dark Side of the Moon、Eagles(イーグルス)のTheir Greatest Hits (1971–1975)に次いで第4位らしい。

◎AC/DCといえば、半ズボンで暴れるアンガスが有名ですが…

◎アンガスと対照的な兄、マルコム・ヤング

AC/DCといえば、GibsonのSGを抱えて、半ズボンで暴れまくるリードギタリスト、Angus Young(アンガス・ヤング)がやはり人気があるが、AC/DCの大半の曲を作成し、数々の名リフを生み出しているのが、アンガス・ヤングの兄、Malcolm Young(マルコム・ヤング)だ。

マルコム・ヤングはリズムギターなので当然目立ちません。ライブではむしろ目立たないように努めているかのように、スピーカーの前から 1歩も動きません。

◎最強のリフを生み出すマルコム・ヤング!

あの印象的な数々のリフはマルコム無くして存在しないのです。

使用ギターはグレッチ。これまたグレッチしか使いません。

アンガスのギブソンよりクリーンで、コード感があり、キレがあるのに結構太い。

◎スコット・イアン、マルコム・ヤングを語る

マルコム・ヤングほど過小評価されてるギターヒーローはいない。史上最強のロックバンドAC/DCの屋台骨で、最高のリフも幾つも作り出してるのにな。

彼が世界最高のリズムギタリストだってのは間違いない。たった1曲弾くごとに、ピックを半分にすり減らしちまうんだ。たまげたよ。まさに一曲入魂。

◎アルコール依存症だったマルコム

マルコムはアルコール依存症のため、1988年のツアーには不参加であった。

◎2014年4月に健康上の理由のため、活動を休止のマルコム

AC/DCは4月、健康上の問題からマルコムが活動を休止すると告知。先週、残念なことに、今後バンドへ復帰することはないと発表していた。

1 2