1. まとめトップ

人手不足解消のため・・・企業の対策とは

人手不足と騒がれていますついこの前のリーマンショックから一転して売り手市場になっています。そこで企業も人材確保のためにいろいろと戦略をねっているようです。

更新日: 2014年10月01日

1 お気に入り 31368 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

usausa2000さん

◆人手不足

2013年10月時点で生産年齢人口が32年ぶりに8000万人を割り込んだという最近の政府発表や、2040年には6000万人を割り、不足する労働力は最大で800万人に達するという試算が紹介

お中元シーズンを目前に控えた郵便局ではパート従業員の確保が難しくなっており、自動車部品メーカーでは生産を支えてきた派遣社員の間に時給のいい職種への鞍替えが相次いでいる

バイトやパートを確保できなかった企業の割合は、小売業が44%で最も高く、飲食サービス業が42%で続いた。運輸業や医療・福祉でも人手不足感が強い

「某居酒屋チェーンで起きた100店舗近い“人手不足閉店”のようなことが、これから外食業界では頻繁に起きるのでは」と指摘する業界関係者もいます

◆売り手市場

求職者にとってはアルバイトがすぐ見つかる売り手市場であり、若者に人気があるカフェチェーンや新鮮なイメージがある業態は人手不足とは無縁である。人手不足も、明らかに二極化しているのだ

◆悪循環

アルバイト・パートの離職率が高まることにより既存社員の業務負担が高まり、業界の評判が悪くなることで採用が難しくなるため、既存社員の業務負担がさらに増えるといった悪循環

ドライバー、倉庫スタッフの不足により、繁忙期の宅配便が時間どおりに届かない

◆改善策

安定した人材の確保のために、会社が考えるのは正社員の採用、あるいは契約社員・アルバイトなどの正社員化です。正社員ならば会社を辞めない、会社のためにしっかり働いてくれる――との発想

人数を確保できないことにより既に実施した対応は「未経験者も採用対象とした」「アルバイト・パートの募集時の時給を引き上げた」の順

グローバルパワーはカタコトバイトという、日本語カタコトでも就業可能なアルバイト紹介サイトを立ち上げている。「日本語が未熟でもOKな仕事」をコンセプトとしている

◆企業の対策

居酒屋チェーン大手のワタミは一部地域の店舗で、従来は認めていなかったアルバイト従業員の自動車通勤を認めるほか、駐車料金などの補助も検討する

リンガーハットは、山形県内の新店舗でアルバイト応募がゼロのまま3月下旬の開店を迎えた。同社の川内辰雄執行役員は「正社員を派遣してしのいでいる」

ドン・キホーテはシニア労働力を活用することに活路を見出している。日本では、国民の4人に1人が65歳以上の高齢者であり、就業者の30%が高齢者である。高齢者層の労働力をどのように自社のリソースとして取り込んでいくのかは、本来であればもっともっと前から対策すべきことではあったが、流通大手も本腰を入れつつある

大手食品スーパーのヤオコー。昨秋、新たな試みを始めた。2時間でもOK「週1日、2時間でかまいません」――。昨年10月に開いた戸田駅前店(埼玉県戸田市)。原則週5日勤務だったパートの採用条件を緩和、希望に応じて勤務日数や時間を設定できる仕組みを取り入れた。20〜30人が新たな勤務体系で働く

1 2