1. まとめトップ

鐘の音に酔いしれる…「日本三大」除夜の鐘で大晦日を締めくくり!

新年最初の行事は初日の出?年賀状?いえいえ、年越しの瞬間にライブで行われる「除夜の鐘」こそがそれと断言できるでしょう!全国津々浦々で行われる除夜の鐘のなかでも「日本三大梵鐘&名鐘」で体験するものこそ、やはり一度は体験したい究極の除夜の鐘では…。

更新日: 2015年01月01日

futoshi111さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
2 お気に入り 8804 view
お気に入り追加

最高の「梵鐘」で除夜の鐘を体験!

◆知恩院(京都・東山)
◆方広寺(京都・東山)
◆東大寺(奈良)

◆平等院(宇治市) / 三大名鐘
◆三井寺(滋賀県) / 三大名鐘

日本三大梵鐘として大鐘を持つのは‥
京都 知恩院
奈良 東大寺
京都 方広寺

人には百八つの煩悩(ぼんのう)があると言われ、その煩悩を祓うために、除夜の鐘をつく回数は108回

「除夜(じょや) 」とは「旧年を除く夜」という意味で、12月31日の大晦日(おおみそか) の夜をいいます

◆知恩院(京都・東山)

浄土宗の総本山

開基は法然

詳名は華頂山知恩教院大谷寺
本尊は法然上人像および阿弥陀如来

ホームページ:
http://www.chion-in.or.jp/index.php

市バス「知恩院前」徒歩5分
地下鉄東西線「東山」徒歩8分
阪急「河原町」徒歩15分

タクシー「京都駅」から15分

関西ではこれを見ると年の瀬を痛感します

知恩院は、少し独特です。
「えーいほとつ、そーれ」の掛け声とともに親綱を持った僧侶が突きます。その僧侶を支えるのが、子綱を持った十六人の僧侶たちです。総勢十七人で大鐘楼の鐘を突きます。
呼吸のあった鐘突きは、京都の大晦日の見所の一つです。

本番の大晦日には、午後10時40分頃から108つの重厚な音色が京の街に響き渡る

一般の参拝者は撞くことができないが、ぜひ一度、その重厚な鐘の音を聞いてみたい

知恩院は京都屈指の名刹

元和7年(1621年)徳川二代将軍徳川秀忠の寄進により建立

高さ24メートル
東大寺南大門より大きく、現存する日本の寺院の三門(山門)のなかで最大の二階二重門

「門」といっても一般のイメージとは異なり、れっきとした一つの建築物である

釈迦如来像と十六羅漢像を安置し、天井には龍図を描く

◆方広寺(京都・東山)

天台宗の寺院
豊臣秀吉が発願した大仏(盧舎那仏)を安置するための寺として1595年(文禄4年)に創建

KYOTOdesign:
http://kyoto-design.jp/spot/2836
京阪電車「七条駅」下車、徒歩約8分

神号「豊国大明神」を下賜された豊臣秀吉を祀る

写真は国宝「唐門」
伏見城→二条城→豊国神社へ移ったと言われる

方広寺の大梵鐘は、徳川家康が因縁をつけた鐘として有名です。「国家安康・君臣豊楽」と鐘に小さく刻まれています

1614年(慶長19年)鋳造

重要文化財

高さ4.2m・外形2.8m・厚さ0.27m・重さは82.7トン


「君臣豊楽」
「国家安康」

家康の文字が分断されて、豊臣が栄える、てな意味に捉えけしからん。プンプン(`・д・´)というわけ

実際この銘文を発見した時は、激怒どころかほくそ笑んだと思います。これで豊臣家を滅ぼすきっかけができたと喜んだ事でしょう。

地震や火災の被害を何度も受けてきた方広寺

方広寺の鐘は、まず最初に住職が一打ち。その後に、参詣者が順番に突いていきます。

1 2 3





futoshi111さん

「何度でも見てもらえるようなまとめ」をつくっていきたいと思います!