1. まとめトップ

静岡の【ヤバい】心霊スポット・廃墟13ヶ所

静岡の心霊スポット、廃墟についてまとめました。メインは心霊スポットで廃墟はおまけ程度にまとめてあります。

更新日: 2017年05月15日

68 お気に入り 1036901 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

武田軍と小田原の北条軍との「千本浜の合戦」が行われた場所。
明治33年に暴風で倒れた松の木の下から多くの頭蓋骨が発見され、地元の人がこれを集めてここに供養したそうです。
夜になると首のない若い武者が出るとの噂。

静岡ではとても有名な心霊スポット。鳥居のある付近が一番霊現象が多く、白装束を着た女性の霊・オーブ・不気味な声・鳥居に下がっている一番右側の紙だけが風もないのにグルグル回る・駐車場のトイレで、ノックする音が聞こえた・神隠しに遭って行方不明になった者がいる・神社の周りの林で、数件の首吊り自殺が起きている、、、
などの噂が多数。
以前織田無道氏が除霊にきたらしい。

廃墟マニアの間ではかなり有名で「大滝」と書いて「おおたる」と読む。
大滝ランドは1980年代に設立されたテーマパークだったそうだ。当初、温泉ホテルをメインとした娯楽施設を建設したのであるが、肝心の温泉が出ず、また立地的にも極めて不便な場所であることもあり廃墟化。

呪いのビデオも取材しに来た所。
人里離れた山の中にその廃墟は存在する。なんでもここは自己啓発を目的とした団体の施設であり、大勢の人がここでその自己啓発セミナーを受けたそうだ。ちなみに自己啓発とは自己をより高い段階に上昇させようとすることだが、その実態は金もうけかもしれない。この施設からは実際に有名なスポーツ選手や政治家が育っていったという。
ここに来ると気分が悪くなる人がよく出るようだ。

この施設では主に、結核患者をあつかっていたようだ。
稲取廃隔離病棟に行って帰ると黒い影が後ろから着いてくるという噂が有名です。
いつ崩壊するかわかない程朽ち果てているので入らないほうがいいと思われる。

ここは老人専門の病院であったようだ。
患者から金銭を騙し取り不当請求をしたり入院患者のリストを周りの寺とかに売買していたため業務停止命令をくらい廃虚になった。

内部はかなり荒らされている。

通称「明治トンネル」と呼ばれる。
日本初の有料トンネルとして知られ、2010年に国の史跡に指定された。
内部はカンテラを吊るし照らしていたがこの火が木枠に燃え移り 明治29年(1896)トンネルは崩落し、通行不能になった。
霊的な噂はあまりない。

1965年、地元の店に勤める17歳の少女を乗せたオート3輪がカーブを曲がりきれずに横転し炎上してしまった。
運転手と他の乗客は火だるまになりながらも脱出し、無事だったが少女は車体に挟まれ身動きが取れないまま炎に包まれ帰らぬ人となった。
その後、夜な夜な事故現場にその少女の霊が現れ、通行者に手を振りそれに誘われるように事故が多発したという。
白いワンピースを着てオルゴールを持った女性を見たら要注意。

昔、生活が苦しくなるとお婆さんをこの穴に捨てていたという言い伝えがある。
老婆の霊が出るらしい。
なお周辺は熊もでるらしいのでそっちの意味でも危険。

1969年にオープンして以来、34年間営業していたが2003年に閉園。ピーク時には、75万人が訪れたそう。
建物の中はある程度、定期的に綺麗にされてる様子。

自殺の名所として有名な心霊スポット。
断崖絶壁であるが、柵がとても低くマジであぶない。

ここで死んだ人数は数百はくだらないとの噂。

ロビーを通るとかなしばりにあう、ロビーで写真を撮ると笠を被った僧侶や従業員の霊が写るなどの噂がある。
廃墟マニアに人気があるかなり美しいホテルである。

ハイキングコースとして知られており、通常は車両での進入はできないため、徒歩で1時間ほど歩くことになる。
昭和32年12月に大学生の男女2人によるピストル心中事件が起こっている。
山の中なので人気がなく静かである。

着物を着た女性の幽霊や、赤ん坊を抱いた女性の幽霊がトンネルの入り口で目撃されている。
車のエンジンを止め、ライトを消して、
クラクションを3回鳴らすと霊が現れる・・らしい。

トンネルの上には墓がある。

2011年に閉館したのでまだかなり新しい。
経営悪化とともに耐震性に不安があったため廃墟となったようだ。

正式名称は、「東京第一陸軍造兵廠遠江射場」であり、終戦まで旧陸軍により主に大砲など砲弾の発射試験が行われていた。
トンネル、観的所、砲座や木造の倉庫等や後に「駿遠線」となった軽便の軌道も敷設されたプラットホーム跡、現在繊維工場として使用している木造の砲敞も残っている。

1