1. まとめトップ

貧困層と聞いて何が思い浮かぶだろうか

明日食べる物もままならない。ボロい借家で家族がひと間で暮らしている。
貧困と聞くとそんなイメージを持つかもしれない。

しかし、実際は

厚生労働省が発表した「貧困率」によれば、日本の貧困率は15.3%、OECD諸国平均値の10.2%を上回る結果となりました。

15.3%と、決して低くはない数字が。
みんながイメージするような家庭が現代の日本にそれほど存在しているのだろうか。

では実際の貧困率の定義とは

OECD(経済協力開発機構)は、「等価可処分所得の中央値の半分の金額未満の所得しかない人口が全人口に占める比率」を「相対的貧困率」と定義しています。

日本の場合、等価可処分所得の中央値は274万円というデータがありますので、その半分の137万円未満の人が貧困層ということになります。年収137万円未満の人が貧困層だというなら納得できるかもしれませんが、しかし、年収137万円未満の世帯が日本に15.3%も存在するはずがありませんね。実はちょっとしたカラクリがあります。

等価可処分所得とは、世帯の可処分所得を世帯人数の平方根で割って調整した所得のことをいいます。

つまり、妻1人、子供2人の合計4人家族のサラリーマン世帯ならば、月給25万、年収305万円未満ならば貧困層と定義されます。(概算で、年収305万円のうち社会保険料や税金などを差し引いた可処分所得が274万円。それを4人の平方根の2で割った数値が137万円。)

しかし現実は

貧困率が上昇したのはこれまでの政府の責任であるとの批判や、現政府は貧困率を下げるよう努力すべきとの主張が多くみられますが、月収26万円以上稼げないことが政府の責任なのか? 社員に25万円の月給を払っている企業でさえ貧困層を生んでいる問題企業と見なされるのか? すべての平均的世帯の月間所得が最低で26万円以上になるように手当てを支給することが政府に求められるのか? そのあたりが今後の議論を呼びそうです。

では具体的にはどのような家庭を指すのか

日本をはじめ先進工業国では、物質的・金銭的な欠如だけが問題ではない。

お金がないために人とつながりをもてない、働くことや文化活動に参加できない、人間としての可能性を奪われる、子どもを安心して育てられない、というような状態に追い込まれることが大きな問題になります。

これを「相対的貧困」という。

では具体的に相対的貧困とはなんなのか

まず貧困には2つの種類がある

一つは「絶対的貧困」。これは生きるのすら危ぶまれる状態。簡単に言うと衣食住の確保が厳しく飢餓で苦しんだりと普通に生活するのが絶望的な状態をさす。日本においては珍しいケースであり、少なくともネットでこのページを見ている層には当てはまらないはず。

そしてもう一つが日本で問題となっている「相対的貧困」。これは日本において普通とされる暮らしをするのが難しい状況をいう。それはなにも死に直面した状況をさすわけではなく、自分が暮らす地域での一般家庭という基準のもとに存在する定義であり、そこが絶対的貧困との違いである。

相対的貧困は精神にも多大な影響を与える。
貧困家庭の子供は周りの友達との暮らしぶりに違和感を持ち惨めな気持ちを味わう。これにより「なんで自分だけが」「自分には価値がない」などネガティブな感情を抱えることになり、結果精神状態が不安定になってしまったり自己肯定感が低くなる恐れがある。

自分に自信が持てないことから孤立しがちになり結果、将来にまでその影響が及ぶケースも。

母子家庭=貧困ではない

母親が稼ぎ手つなる母子家庭での貧困率は確かに高い。しかし、両親が揃い父親が稼ぎ手となって働く家庭にも貧困の波は押し寄せている。

2人親世帯の所得の低下も、子どもの貧困化の大きな原因となっています。なかでも、父親が若い、とくに20代の世帯の貧困率がとくに高いのですが、たとえ共働きをしたとしても、低賃金の非正規雇用が多いために、貧困から脱出できない状態にあります。

これといったスキルも学歴もない場合、やはり手取りで25万を超えるのはなかなか厳しいのが現状。年収300万付近の人は結構な割合で存在すると思われる。

また、共働き世帯の場合でも妊娠などで妻が働けなくなった場合など、更に家計を圧迫するケースも。

年収が大してあがらないこの時代だからこそ、さほど無駄遣いをしてなくても、予期せぬことが勃発すれば家計は火の車に……。

1 2





velvetpunkさん

見ていってね!、