1. まとめトップ

松本人志も? 嗅覚機能低下は5年以内の死期を示唆するらしい

千原ジュニアが、過去に松本人志が嗅覚を失っていたことを明かした。また、高齢者における嗅覚機能の低下は、以降5年間に死亡する可能性を高い確率で示唆する「前兆」であるとした研究論文が発表され、嗅覚の重要性が再認識されている。

更新日: 2014年10月03日

0 お気に入り 3709 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tame2000さん

千原ジュニア、松本人志が嗅覚を失っていた過去を明かす

「正直、(女性と)そういうことになっても、全然興奮せぇへんかったって。うわぁ、ホンマやホンマや、コワっと思って」

千原ジュニアによれば、松本は若い頃に一時的に嗅覚を失ったらしく「その時、めちゃくちゃ怖かった」のだという

やっぱり、その人のニオイってあるやん。
好きな人のニオイ。
それせぇへんかったら、ずっと好きでおれるかなってくらい深刻やと思うねん。
ニオイ感じられへんって。

実は、「嗅覚」は人間にとってとても大切なものだった

匂いを感じること(嗅覚)は、五感のうちの一つであり、生きていく上で大切な情報を数多くもたらすことのできる感覚

「嗅ぎ分ける」ことで危険を回避したり、見えないものを探り出したり、食べることを楽しんだり、疲れを癒したりすることもできます。

恋人探しで大切なのは“鼻”だった?

女性は好きな男性のニオイを好きだという人が多い

彼の匂いが好きですか」という質問に95%もの女性が「好き」と答えた調査がある

タバコ嫌いだけど彼氏の吸うタバコの匂いはすきw なんか違うんだよ みんながすってるのとはw

え やば 。(笑) 彼氏くんのにおい めちゃするよ!(笑) やばい 息吸ったら彼氏 はああ 幸せや

フェロモンを感じないと恋愛にならない

フェロモンとは無意識で相手を興奮させて、特殊な行動をとらせるための臭いの化学物質です

すれ違いにふわっと香るニオイに思わず足を止めてしまった経験はないでしょうか。

嗅覚にはプルースト効果という記憶と結びつく機能もある

ある特定の匂いがそれにまつわる記憶を誘発する現象は、フランスの文豪マルセル・プルーストの名にちなみ「プルースト効果(プルースト現象)」として知られている。

以前付き合っていた人がつけていた香水の同じ香りを見つけて、ふと立ち止まってしまう・・・、昔嗅いだことのある香りを再び嗅いでその時の記憶が鮮明に思い出される

嗅覚を刺激するとストレス発散にもなる?

1 2