1. まとめトップ

部屋にLANポートがなくても大丈夫!工事をしなくても有線を使用する方法

自分の部屋にLANポートがなく、仕方なく無線LANを使っているということはありませんか?実は工事をしなくても有線LANを使用する方法があります!工事を考えている方は是非こちらを見て検討してみてください。

更新日: 2017年08月16日

2 お気に入り 17351 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

nonpukuさん

そもそも無線LANを使うメリットは?

1、配線が不要なため、ケーブルが無くきれいでレイアウト変更がしやすい
2、移設、増設しやすい
3、部屋の片づけがしやすい
4、どの部屋からでもインターネットへの接続が可能 (11nの場合特に良好)

だいたいの方は4に当てはまるかと思います。

それでは有線LANを使用するメリットは?

1、無線より速く、安定した通信速度でインターネットを楽しめる
2、有線LANルーターは安価(無線LANは親機プラス端末分のLANカードが必要)
3、情報量が多い通信に向いている
4、有線なので不法侵入などでデータなどを読み取られるなどのリスクが低い

無線LANは線が必要ないため、どの部屋からでも接続することが可能です。しかし、有線LANを使用することにより無線より早い通信を行うことができます。

無線LANと有線LANの比較

使用するものにもよりますが、有線と無線では数倍の速度の違いがあります。
具体的に言うとインターネット経由でファイルをダウンロードする場合、有線で1分かかったとしたら無線では10分くらいかかるということです。

IT性能比較実験より
hikaku.cman.jp/musen_lan/

IT性能比較実験より
hikaku.cman.jp/musen_lan/

工事なしで有線LANを使用する方法-PLC 【 Power Line Communications 】 電力線通信

PLC(Power Line Communications)は、家庭用電源コンセント(電力線)をLANケーブルの代わりできる次世代の通信技術だ。PLCアダプターを使えば、家庭の電源コンセントでインターネットが利用できる(プロバイダ契約は別途必要)ことから、新しいネットワークの手段として注目を集めている。

では、具体的に無線LANとPLCを比較すると、それぞれにどのような特徴があるのでしょうか?
以下の表を見ると、配線の自由度が高いという点では無線LANとPLCは同じですが、速度や費用などに違いがあることがわかります。

たとえば、地下室などとの通信の場合、無線LANは電波が届かない場合がありますが、PLCであれば電力線がつながっていれば通信できます

1