1. まとめトップ

はじめて物語が知りたい~物事の成り行き・ルーツの雑学

そんな由来だったとは知らなかったと驚く、物事の成り行き・ルーツの雑学をまとめます。

更新日: 2017年08月16日

torinaviさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
0 お気に入り 5296 view
お気に入り追加

名前の由来の雑学

「ハヤシライス」は早矢仕有的(はやしゆうてき)氏が考案したのでハヤシライスという。

スニーカーはゴム底で足音がしないため、sneak(こそこそ歩く)という言葉がスニーカー(sneakers)の語源になったと言われている。

スペインの無敵艦隊という異名。スペインの敵国で当時世界最強の海軍を保有してたイギリスが「スペインさんはマジ強いっすねwwwほんと無敵っすよwww」という皮肉の意味を込めて呼ばれ始めた言葉。

カンガルーとは、オーストラリアの原住民の言葉で分かりませんという意味。クック船長が、この動物はなんという名かとたずねたとき、原住民が、わからないと答えた言葉を取り違えたといわれている。

チョコレートは甘い板チョコを連想しがちですが、直訳すると「苦い水」。チョコレートの語源はメキシコ語のチョコラル(苦い水)。メキシコではカカオ豆の煮汁をコショウで味付けして飲んでいたため。

物事の成り行き・由来の雑学~ことわざ

ことわざ「急がば回れ」で、回るのは琵琶湖。
対岸に行くとき琵琶湖を船で渡った方が近いが、風が吹いている時は危険なことから遠回りになるが橋を渡った方が結果安全に行けるということから。

物事の成り行き・由来の雑学~生物

イルカは元々陸上の生物だった

物事の成り行き・由来の雑学~商品

羊羹は、もともと和菓子ではなく、羊の肉を練り固めて浮かべた汁だった

ミニトマトが誕生したのはアメリカで、機内食として開発された。そのミニトマトをさらに小さくしたのは日本人。

ウインナーに切り込みを入れた一番最初の理由は、お箸で滑りにくくするため。

ヤギがコーヒーの実を食べて急に元気になったのを見て、コーヒーは飲み始められたという説がある。

ジュースで有名なファンタは元々、第二次世界大戦下のドイツ・コカコーラ社がアメリカからコーラの原液を輸入できなくなり、仕方なく果汁を使って作ったもの

家を借りる時に必要な礼金。
関東大震災後、東京で家不足が起こり、借りる側が家主に賄賂を渡して家を借りていたという出来事の名残。

スーツは元々英国貴族の軍服であった。

トートバッグは元々氷を運ぶために作られたもの。

物事の成り行き・由来の雑学~文化

神社の入り口にある狛犬の原型はスフィンクス。

中華料理店のメニューにある「天津飯」は日本で考案されたもの

左投げ投手は、アメリカ南部出身の選手が多かったため、左投げ投手のことをサウスポーと呼ぶようになった。

嘘をついている人間が口に手を入れると噛まれてしまうといわれている、イタリアのローマにある観光名所「真実の口」だが、もともとは下水道のマンホールの蓋として作られたもの。

歌舞伎ができるまでの歴史
「きれーなおねーちゃんが人前できわどい踊りを披露してくれるよやたー」→禁止→「しゃあねえな、じゃあショタで我慢してやるよ」→禁止→「ええい、わかった! おっさんに女装させるし、それでいいよな?!」

ウに濁点を付けて「ヴ」としたのは福沢諭吉が最初

イケメンって言葉はもともとゲイ雑誌に使われていたゲイ用語

1 2





はじめまして。ネットで生計を立てているゆうです。お得な情報を紹介します。