1. まとめトップ

これは意外~知ったら驚くおもしろい動物の雑学

これは意外だった!知ったら誰もが驚くおもしろい動物の雑学をまとめます。

更新日: 2019年02月14日

5 お気に入り 7295 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

torinaviさん

驚く面白い動物の雑学

ライオン以外にも同性の個体による求愛行動は確認されており、フラミンゴやバイソン、カブトムシなどの甲虫の仲間など450種で同様の行為が見られる

驚く面白い動物の雑学~陸上

尾でぶらさがれるのは、中南米の猿だけ

ハシビロコウは、獲物とするハイギョが水面で呼吸するタイミングを数時間もじっと待ち続け、その間ほとんど動かない。

仲のいい夫婦のことを「おしどり夫婦」というが、実際のおしどりの夫婦は特別仲がいいわけではない。相手は毎年違うらしい。

鳥の中で最も小さいとされているハチドリは、体長6センチ程度しかないが、一日に必要なカロリーは約1万5千キロカロリーで、人間の4倍以上。

馬は、鼻でしか呼吸をすることが出来ないため、鼻息が荒い。

ブタの体脂肪率は14〜18%程度。

鳩を仰向けにすると、どうしていいかわからなくなりおとなしくなる。
手品のハトが騒がないのは、この習性を利用して仰向けにされているため。

ペットに芸を覚えさせるには
早く芸を覚えさせたいからといって、長い時間、トレーニングをするのはよくないでしょう。一回のトレーニング時間は5分程度にし、一日に3回から5回ぐらいが好ましいです。

驚く面白い動物の雑学~水生

スーパーで目にする「ししゃも」の正式名称は、「カペリン」

ペリカンののど袋には10リットル以上もの水が入る

外から見ただけでは分からないが、鯉は喉の奥に歯をもっている。
それはかなり強力なもので、シジミやタニシをまるごと噛み砕いて、貝殻だけを「ペッ!」とえらぶたから吐き出す事が出来る。

ワニは、口を閉じる力は非常に強いが開ける力は弱い。

ムネエソという深海魚。鏡のように反射する鱗を持ち、姿を見えなくすることができる。また腹部には発光器があり光量を調節して海面からの光に溶け込み、下からも見えなくなる。

イカの目玉の性能は人間と大差がない。
しかし、目から得る情報を記憶するほどの脳が無い。

亀は生まれたときの温度によって性別が決まる。
多くの場合は、28度くらいを境に、それより温度が低いとオス、高いとメスが生まれる。

コウテイペンギンは前を歩く二足歩行のものについていく。少しサイズが違っても気にしない。

カワハギ科にウケグチノホソミオナガノオキナハギという魚がいる。「受け口の 細身尾長の 翁剥ぎ」と五七五になっている。

イルカは、結構野蛮な生き物
オスが集団でメスをレイプしたり、なぶり殺したりもする

イルカは哺乳類で、元々陸上生物だったため、溺れる事がある。

クジラは半年間何も食べなくても数千キロを不眠で泳ぐ

シロナガスクジラは、なにも食べずに6ヶ月間は自分の脂肪だけで生き延びることが出来る。

好奇心旺盛なネコのしっぽの動きと肛門が、クエスチョンマークの由来という説がある。

神社の狛犬は犬ではなく、獅子同様、想像上の動物。

1 2