1. まとめトップ

あなたは知ってた?!気をつけたい海外での「意外なマナー違反」

そうだったのか!海外での意外なマナー違反、タブーについて情報をまとめてみました。

更新日: 2017年12月18日

2 お気に入り 1066 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

monotomoさん

■食後のカプチーノ@イタリア

レストランで食後にカプチーノを頼むのもやめたほうがいい

イタリア人がカプチーノを飲むのは朝食か小腹が空いたときのみ。食後のコーヒーはエスプレッソに決まっている

■セコンドピアット(メインディッシュ)@イタリア

イタリアのレストランでは、最低限「セコンドだけは注文する」のが流儀

2人でセコンド1品を分け合うのは×
セコンドのシェアはイタリアではかなり恥ずかしい行為

皆でお皿をつつくのもマナー違反です。店の人に取り分けてもらうのが流儀

■チーズ増量@イタリア

特別な事情がない限りは、チーズをもっとかけて欲しいと頼んではいけない
特に、ピザに対してチーズの増量を求めることは、罪深い行為と考えられている

■ケチャップ@イタリア

イタリア人の多くはケチャップを"米国の下品な調味料"と考えており、味にこだわりを持つレストランでケチャップを頼むのは、調理人に対する侮辱にあたる

■パン@フランス

フランスでは、両手に何かを持って食事をするものとされているという。"何か"とは、「フォークとナイフ」か「フォークとパン」。フランス人はパンを、フォークに食事を載せる道具として使用

パンは、フォークやナイフに近い存在なので、"使用しないとき"には皿の上ではなく、テーブルやテーブルクロスの上に置くのがマナー

■塩・胡椒@ポルトガル

ポルトガルでは、塩と胡椒はテーブル上に置かれていない。だが、塩胡椒を頼んではいけない。それは、調理人の味付けに対して不満を表明することになる。

1