1. まとめトップ

1948年の広告で見る豊かなアメリカの食卓と生活(昭和23年の日本とは別世界)

当時の家庭女性誌から抜粋。当時アメリカの中流階級の奥さまがたが、どんな食事を作っていたのかを知ることができます。アニメトムとジェリーが制作されたのも、このころです。終戦直後とは思えないゴージャスなメニューばかり。パブリックドメイン画像につきご自由にお持ち帰りください。

更新日: 2015年09月23日

12 お気に入り 14766 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

著作権切れのアンティーク画像と古写真を収集しています。http://kosyasin.blogspot.jp/(古写真紹介ブログ)  http://publicdomain-sozai.blogspot.jp/(アンティーク画像紹介ブログ)

cobaltblueさん

※引用元…Flickr: Internet Archive Book Images' Photostream(Ladies homejournal)

当時からすでに粉のインスタントコーヒーがあったようです。

今、アメリカではトランス脂肪酸が問題となり、食べるプラスチックと呼ばれるマーガリン。当時は普通に食卓に乗っていたようです。

当時すでにアメリカではアボガドが食べられていたのに驚き。日本では昭和が終わってから、メジャーになったような記憶が。

マーガリン同様、トランス脂肪酸の問題があって、時代を感じる広告。

アメリカの食卓は当時からすでにカラフル。

たくさんの広告からわかるように、アメリカではすでに半調理された缶詰を使った食卓メニューが主流だったようです。

ブロックを自分でスライスして使用。

まだ冷凍食品がなかったためか、ほかの広告も粉末でした。

アメリカ人大好きなハンバーグ。

ほかにもいろいろ種類があったよう。

マッシュポテトに載せただけのメニューがアメリカらしい。

1 2 3 4 5 6