1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

アップル大丈夫?「グニャグニャ」に続き、iPhone6のロゴが傾いていた

先日、本体が曲がることが話題になったiPhone 6ですが、それに加えて背面のロゴがわずかながら斜めに傾いていることが判明しました。それほど数は多くないようなので、もしかしたらプレミアになるかもしれませんね!

更新日: 2014年10月07日

9 お気に入り 36078 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

c-hisaさん

◇まさかのロゴが傾いていることが発見されたiPhone 6

確かに、補助線を引くと傾いていることが分かります。

今回発売となったiPhone6 Plusの一部のロットから、斜めに刻印されているiPhone6 Plusがあるという事で話題に

iPhoneのロゴの下には、有名な「Designed by Apple in California Assembled in China」という文言や、モデルナンバー・IMEIナンバー・各種認証マークなどが、レーザーで刻印

美しいデザインにこだわり続けていたアップルがする起こすとは思えないような不具合

◇言われてみれば!…該当者が続々

確かに。俺のも傾いてる!【背面のロゴが斜めに傾いてるiPhone 6 Plus】 touchlab.jp/2014/10/iphone… @touch_labさんから

背面のロゴが斜めに傾いてるiPhone 6 Plus touchlab.jp/2014/10/iphone… @touch_labさんから 私のも傾いていました。仕様です。(ぇ twitpic.com/ecb362

うちの6も右上がり。 - 背面のロゴが斜めに傾いてるiPhone 6 Plus touchlab.jp/2014/10/iphone…

◇iPhone 6とiPhone 6 Plusの両方で確認されている

今回発売されたサイズの違う2種類のどちらともで、ロゴの斜めの印刷が確認されています。

アップルの公式サイトでは、iPhone 6を美しいデザインにするべく、いかにディティールを緻密にデザインしたかが熱く語られています。でも、肝心の製造段階でそれが台なしに

よく見ないと分からない些細なエラーですが、iPhone 6をお持ちのユーザーの方は、背面のロゴが傾いていないか確認してみては

◇発売してすぐに本体が「曲がる」ことが指摘されていた

致命的な欠陥ではないのですが、iPhone 6 とiPhone 6 Plusは本体が曲がることがネットで話題にもなりました。

ガジェットの修理情報サイト「iFixit」のカイル・ウィーンズによると、iPhone 6では画面と電池の間に金属板があるため、電池の反復的な曲げによる破裂を心配する必要はない

iPhone 6 / iPhone 6 Plus は、こうしたテストを数百回繰り返して耐久性を確認したうえでの出荷である、としています

材質の性質上、短い方が曲がりにくく、長ければ曲がりやすくなってしまいます。長さアップ、薄さダウンという2つの要素によって、新iPhoneは今まで以上に曲がりやすくなってしまった

◇全てで傾いているわけではないので、該当者はむしろラッキー?

これまで「完璧」だと思われていたiPhone、この斜めのマークにも何か意味があるのかも?

レイザーによる精密な加工の工程で、なぜこのようなミスが起きたのか不明ですが、たまたま品質管理のチェックをすり抜けたと思われます

レーザー刻印なのに、なぜここまで傾いているのかは謎です。大量生産をすると品質低下するのか?これは、Appleのサポート対象内なのかが気になります

数自体が少なそうなので、お札の印刷がズレているもののようにプレミア価値が付いて高騰する..なんてことが起きたりして..!

神経質な方はモヤモヤが止まらなくなるかもしれませんが。そのときは、まぁ、レアモデルってことで!

みなさんも、もし興味があればご自分のiPhoneを調べてみてはいかがでしょうか!?ロゴが傾いていればプレミア品になるかも!

1