1965年、西ドイツのマールブルグ市の研究所でアフリカから輸入したサルから伝染して集団発生したので、この病名で呼ばれています。

出典マールブルグ病の症状・解説 - goo辞書

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

エボラ並みの高い致死率、マールブルグがウガンダで発生 1人死亡、80人隔離、うち60人が医療関係者

アフリカ東部ウガンダの首都カンパラで、エボラ出血熱に似たウイルス性出血熱のマールブルグ病に感染した病院技師が死亡した。最初に確認された患者と接触のあった、80人が隔離が取られた、その内60人が医療関係従事者。

このまとめを見る