1. まとめトップ

盗聴器が多種多様化!?盗聴器発見器は、どこまで対応できるのか?

盗聴器は日々、進化しているが、盗聴器発見器はどこまで発見できるのか?

更新日: 2017年02月05日

3 お気に入り 5146 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

kihon_iroiroさん

世界の盗聴はここが違う!

現在の最新の盗聴器は、アメリカの国家安全保障局が保有するとされる「PRISM」。このシステムにより、広範囲の通話・メールが盗聴可能になるそうです。

最新の盗聴器はレベルが違います。

中国の国家的な盗聴活動は進出企業にまで及ぶ。これ昔から有名な話。

駐在してた友人も「盗聴器が仕掛けられてんだ。」といってたよ。

実は消えてしまう盗聴器が10年以上前から使われている?!

まさかここまで進化してたら怖い。

明日は我が身?実は身近な盗聴

国家間で起こる盗聴の問題には、素人には手の出せないような最新鋭の盗聴器をいろいろ使用しています(最新鋭となれば、当然、盗聴器発見器では対応できないでしょう)。
「じゃぁ、一般人には関係ない。」と考えるのは「防犯意識」「プライバシーの漏えいに対する意識」が低すぎるのではないでしょうか。日本国内で流通する盗聴器の数を知っていますか?その数なんと、40万個。その40万個は一体どこで使われているのでしょう。

事実を知ると恐ろしい。一般家庭の盗聴器設置割合。

一般家庭で盗聴器が仕掛けられている率は意外と高い!

知っておきたい、最近の盗聴器被害のニュース

そんな盗聴器どこで売ってるんだ?と思ってしまった。

家の中で盗聴器が仕掛けられることがある場所を紹介

盗聴器が仕掛けられている場所って、盗聴器が見つかる場所でもあるんです。

一般人が手に入れることのできる、最も厄介なリモコン式盗聴器。

リモコン式は、市販の盗聴器発見器では対応できないそうです。

じゃぁどうすればいい?盗聴器対策

知ってしまうとどんどん怖くなる盗聴器の被害。どうやって身を守ればいいのか考える必要があります。盗聴の被害に遭ってしまわないためには、必要な対策や対策を講じるには適した時期があります。効果的に対策を行い、不安から解放されるために役立つ情報ここにあります。

盗聴器を見つける方法を教えてください!

引越しは盗聴器対策をする絶好のチャンス。防犯も不安解消もかねて、盗聴器発見を考える。

防犯のアドバイザーも盗聴器の危険は発信してる。

盗聴器発見器を使って自分で調査?それとも業者に依頼?それが大きな問題だ。

盗聴器発見器を使って自分で盗聴器の調査。これが一番安全なんだろうか?

手頃で手軽に簡単!ってホントに大丈夫?え?リモコン式には対応できない?

最も厄介な盗聴器にも対応できるのは、やっぱり専門業者らしい。

幅広い種類の盗聴器を探すには、盗聴器発見業者に頼むしかなさそうです。

盗聴器発見器ではなく、自分で本格的な発見機材を揃え、プロ並みの盗聴器調査を行おうと思えばそれも可能。
発見業者が行っている盗聴器発見の技術を学べる講座もあります。けれど、実際機材を揃えて講座を学んで、人生で何度盗聴器発見調査を行いますか?
安価な精度に不安のある盗聴器発見器を購入するよりも、手頃な値段で調査技術の高い、信頼できる盗聴器発見業者に依頼する方が安心感は得られるのかもしれません。

1