1. まとめトップ

サイバーエージェントは、ブラック企業?顔採用?藤田晋社長のミスマッチ制度がヤバい

サイバーエージェントは、ブラック企業であるという噂が流れ始めています。顔採用でミスマッチ制度という制度を利用して退職に追い込もうとしているらしいです。

更新日: 2017年07月30日

1 お気に入り 276725 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

◆キラキラ女子が集うサイバーエージェント

女子大生の頃に書いたブログから有名になった『はあちゅう』とオフカイしているサイバーエージェントのキラキラ女子たち

サイバーエージェントの顔採用

顔採用って分かってるので、社長面接のときはメイクを頑張った、という話を女性社員からよく聞きます。最初は化粧&着飾っている女性ばかり

私の周りでは、『喜び組』と呼んでいました。人数ですか?10人くらいです。学歴は無視です」。

「女性は顔、男性は学歴」という採用方針は、かつて急成長を遂げたオウム真理教と同じ。組織づくりの成功法則なのかもしれない

男一人で美女に囲まれると言う贅沢な環境もご用意しております。

もう、サークルのノリのようなサイバーエージェントさまです。

出典ameblo.jp

サイバーエージェントに入社すれば、両手に花を持てることは間違いない

美人がプロデューサーをやっているんですね。

出典ameblo.jp

美人で揃えるところがサイバーエージェントの特徴なんですね。

出典ameblo.jp

もう、社内ではっちゃけてるサイバーエージェントの社員が伝わってきますね。

会社の中で楽しく働いている様子が伝わってきますね。

同社は「2駅ルール」と称し、勤務地(ほとんどの人が渋谷)から2駅以内に住めば月3万円の家賃補助が出る。

サイバーエージェント社の社員が若い

40代が僅か1%という若手が多い会社になっています。

有価証券報告書によると、サイバーエージェントの従業員の平均年齢は29.9歳、平均勤続年数は3.6年

自分の会社で気に入らない奴は追い出すという制度を発表しています。

ミスマッチ制度とは、
・下位5%をD評価とする。
・D評価1回でイエローカード、2回目でレッドカードとなり、2回目で部署異動または退職勧奨のいずれかを選択してもらいます。

ミスマッチ制度は厳しいようですが、この会社で成長や昇進の見込みのないことを率直に伝えることのほうがよほど誠実だと思います。

>下位5%に下されるD評価を

たいていの社員は、自分は下位の5% には入らないと思っているけど
0.95 x 0.95 x 0.95 x 0.95 x 0.95 = 0.77
5年で 3割の社員は解雇される

これを 20% にすると (マイクロソフト社の場合)
0.8 x 0.8 x 0.8 x 0.8 x 0.8 = 0.40 5年で 6割の社員は解雇される

実は結構、厳しい
242:名刺は切らしておりまして:2011/10/13(木) 22:39:34.08 ID:IuBF1/0z

業績が伸びないから、人減らしをしたいんだろ。
こんなこと始めたら、能力のあるやつはサッサと転職。
残るのは、仕事はロクにできない癖に、上司にゴマスリの得意なやつばっかりになる。
必然的に、あと会社がどうなるかわかるよな。
75:名刺は切らしておりまして:2011/10/13(木) 20:50:25.32 ID:iuNMGOkr

サイバーエージェントの社員

1998年に会社を設立して18年が経ち、今、僕が42歳。もともとは、新しいインターネットという業界を若い人達と切り開いていきたいと思っていたので、なるべく自分より下の世代ばかりを採用していました。そのため、最初は20代しかいませんでした。しかしインターネットの歴史とともに、会社も人も年齢も変わり、今は30代、40代も増えてきましたね。

おばさんになったら働いてはいけないなんてイメージがあるのですね、それはいけませんね。うちの社員の年齢は今や30代が約半数を占め、30歳前後が一番のボリュームゾーン。みんな年頃ということもあり、結婚・出産が立て続いています。現在の女性社員に占めるママの比率は約2割。産休・育休後に復帰する社員の比率は97%です(2015年9月末時点)。

1 2