1. まとめトップ

まことしやかに噂される「桑田真澄の呪い」がエグイ

ホラー作家の山口敏太郎さんがテレビ番組で証言した元ジャイアンツ・桑田真澄の呪い。こじつけかもしれませんが、まとめました。

更新日: 2014年10月08日

0 お気に入り 56419 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

jasmine_tea3さん

元巨人・桑田真澄さん

現役時代から投げる不動産屋と有名でしたけど、不動産で損はするわ、もう陰気すぎて、先輩の江川卓さんから、お前は、陰気すぎるから、マジックインキやから、マジックや!っていうふうに、あだ名を付けられたぐらいです。

KKドラフト事件、借金問題などなど、
いろんなことがありました。

ジャイアンツ・沢村投手の離婚は・・・

WBCの解説で、澤村投手のことをかなりきつく批判

巨人の澤村拓一投手は、2013年3月第3回WBCの日本代表として出場しました。

2013年3月末に森麻季と離婚。結婚から1年5ヶ月でのスピード離婚となった

東大野球部連敗中・・・

東大野球部のコーチに就任してから…去年の1月に就任してから、負けっぱなしですよ。

桑田真澄氏が臨時投手コーチになったのは、2013(平成25)年1月。それから3カ月後、2013年東京六大学春季リーグで、東大野球部は「50連敗」を記録してしまう。

9月21日、新宿区の神宮球場。東大は、六大学秋季リーグで明治大に0対4で敗れ、連敗記録は80に伸びた。

2014年9月末現在、80連敗。

清原和博氏にかかわる人には次々と不幸が・・・

清原と桑田といえば、あのドラフトの一件以来、言わずと知れた犬猿の仲。

PL学園高等学校の桑田真澄・清原和博のKKコンビは1年生の時からエースと4番としてそれぞれ活躍して5回の甲子園に出場のうち優勝が2回・準優勝が2回・ベスト4が1回という伝説ともいうべき記録を残し、高校卒業後の進路はプロ野球ファンのみならず、世間の注目を大いに集めた。

清原は巨人入団を熱望し、桑田は早稲田大学進学を表明した。しかしドラフト会議で巨人が進学志望の桑田を1位で強行指名して交渉権を獲得。

清原には巨人を除いた6球団がドラフト1位で競合した。抽選の結果西武ライオンズに1位指名された。巨人からの1位指名を希望していた清原は会見で涙を流した。

清原が巨人をクビになった05年、さすがに心配した桑田が清原の携帯に何度も伝言を入れた。それをすべて無視した清原は、『あんなのに心配されたら終わりや』とゲラゲラ笑っていたこともあった

清原さんの不幸っていうのは、桑田さんと和解。
早稲田に行くって振りして、実はジャイアンツに入ったじゃないですか。
あのとき以来、2人はちょっと亀裂が生じた。

ある企画で、仲直りをしてから、清原さんが坂道を転がるように、不幸になった

2014年3月、2型糖尿病のため毎日の血糖値測定と一日一回はインシュリン注射が必要なことを明かした。また、同時に違法薬物使用疑惑が週刊文春によって報じられたが、否定しており訴訟する意向を示した。

今年3月の週刊文春の薬物疑惑報道の前から、講演やイベントを相次いでドタキャンするなどして仕事は激減。事務所から売り込みはあっても、怖くて使えないと尻込みするテレビ局がほとんどだったから、金銭的にかなり逼迫していたのは間違いない。

1