1. まとめトップ

【映画】ふしぎな岬の物語 あらすじ、感想、評価、ネタバレ、動画【吉永小百合】

『ふしぎな岬の物語』(ふしぎなみさきのものがたり、英題:Cape Nostalgia )のタイトルで、2014年10月11日に公開予定。第38回モントリオール世界映画祭ワールドコンペティション部門に出品され、審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査員賞を受賞

更新日: 2014年10月12日

0 お気に入り 46494 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

navichさん

劇場公開日 2014年10月11日

第38回モントリオール世界映画祭ワールドコンペティション部門に出品され[10]、審査員特別賞グランプリとエキュメニカル審査員賞[注 1]を受賞

女優の吉永小百合が初めて自ら企画から立ち上げた主演作で、「八日目の蝉」の成島出監督とともに森沢明夫の小説「虹の岬の喫茶店」を映画化したヒューマンドラマ。原作でもモチーフとなっている喫茶店が実在する千葉県明鐘岬を中心にロケーション撮影を行い、岬の喫茶店を経営する女主人と、そこに集う人々の悲喜こもごもを描いた。海の向こうに富士山をのぞむのどかな岬で、喫茶店「岬カフェ」を経営する柏木悦子。お店には、彼女がいれる一杯のコーヒーを求めて里の住人たちが集まり、のどかな日常が続いていた。そんなある日、常連客・徳三郎の娘で、結婚して東京へ出ていたみどりが数年ぶりに帰郷してくる。さらに、悦子と甥の浩司を長年見守り続けてきた不動産屋のタニさんが大阪へ転勤しなければならなくなり、穏やかだった里の暮らしにも変化の風が吹き始める。

原作

虹の岬の喫茶店

あらすじ

海の向こうに富士山を望むのどかな里。花畑や学校、病院、教会が点在する中、岬の突端に里の住人たちが集う“岬カフェ”がある。漁師や農家、医師、牧師、警官……皆のお目当ては、店主の柏木悦子(吉永小百合)がいれる一杯のコーヒー。それを飲むと、皆の心は軽く元気になるのだった。そんな悦子のコーヒーは、何でも屋を営む甥の浩司(阿部寛)と共に毎朝汲んでくる小島の岩清水で作っている。45歳の浩司は、思い込みが激しくたびたび問題を起こすこともあるが、カフェの隣の掘っ立て小屋に住み、悦子を献身的に見守ってきた。ある日、“岬カフェ”の常連客で漁師の徳さんの娘・竜崎みどり(竹内結子)が数年ぶりに里に帰ってくる。だがずっと音信不通だった彼女は何かに傷ついているような様子。一方、30年来の常連客、不動産屋のタニさん(笑福亭鶴瓶)は悦子と浩司のいちばんの理解者だったが、ある事情でこの地を離れることが決まっていた……。

キャスト

柏木悦子 - 吉永小百合
柏木浩司 - 阿部寛
竜崎みどり - 竹内結子
タニさん - 笑福亭鶴瓶
竜崎徳三郎 - 笹野高史
柴本恵利 - 小池栄子
柴本孝夫 - 春風亭昇太
大沢克彦 - 井浦新
行吉先生 - 吉幾三
ドロボー - 片岡亀蔵
鳴海 - 中原丈雄
雲海 - 石橋蓮司
冨田 - 米倉斉加年
ブラザーズ5 - 杉田二郎、堀内孝雄、ばんばひろふみ、高山巌、因幡晃
山本 - 近藤公園
中山健 - 矢野聖人
三平 - 矢柴俊博
佐藤 - 不破万作
消防団長 - モロ師岡
高橋 - 嶋田久作

動画

感想、評価、ネタバレ

公開日より随時更新予定

『ふしぎな岬の物語』モントリオールでW受賞したので期待度高めだったけど、やっぱ良くも悪くも吉永小百合ありきの作品だなぁ~。小粒のエピソードはどれもほっこりとイイ話だが、大黒柱が一本ほしかったな。終盤の悦ちゃんはよく分からんかった。 coco.to/movie/36736

『ふしぎな岬の物語』お涙頂戴映画で泣けるかと思ったら、申し訳ないけどちょっと退屈な映画でした(*_*)残念。脚本はちゃめちゃで役者陣も空回ってた印象かな(^^;;

『ふしぎな岬の物語』鑑賞。ファンの人はこういうので満足なのかな?小百合さまのキャラは魅力的じゃないし、観てて恥ずかしくなるようなシーンも多々あるし。エピソードひとつひとつのつまらないこと…唯一良かったのは小さな女の子の話。 coco.to/movie/36736

ふしぎな岬の物語素敵なお話でした。阿部さんの肉体ヤバイです。アカンです。

ふしぎな岬の物語、見てきた。とーっても良かった!本当に本っ当に心が温かくなるお話(*^^*) 何より吉永さんの演技に大感動しました~すごかった。日本一の意味が分かった気がする。そして竹内さんもやっぱり素敵だった(*´ω`*)

2回目でもとあるシーンで涙(/_<。)思わず笑顔になったり、じーんきたり、心あったかくなったり。ふしぎな岬の物語。素敵な作品でした(*˘︶˘*).。.:*♡

ふしぎな岬の物語、試写会行ってきました 年齢層高すぎて焦ったけど泣けた。゚( ゚இωஇ゚)゚。

「ふしぎな岬の物語」 今の私には、ぴったりと言うか…。 独りになる事の恐さが十二分に分かるだけに切なくて号泣しました。 でも、きっと独りじゃない。 「大丈夫、大丈夫」を胸に頑張ろうと思います。

「ふしぎな岬の物語」見終わった~!期待してなかったから余計に良かったのかもしれないけど、すごく感動できた! 邦画の良さを実感。。めっちゃ泣けた…(T ^ T)

1