1. まとめトップ
  2. ニュース・ゴシップ

エボラ出血熱の次は、マールブルグ熱症状と感染経路まとめ

エボラ出血熱、デング熱、今度は、マールブルグ!マールブルグの症状と感染経路をまとめてみた

更新日: 2015年08月01日

22 お気に入り 25830 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

cubeoneさん

今度はマールブルグ熱

ウガンダ保健当局は5日、エボラ出血熱と同様な症状を引き起こす致死率の高いマールブルグ出血熱で男性が死亡したと発表した。

どんな病気?

高熱、重度の頭痛、重度の倦怠感が急に発症します。筋肉痛はよくみられる症状です。

潜伏期間は3〜10日間です。症状は発熱、悪寒(おかん)、頭痛、筋肉痛、吐き気・嘔吐、胸痛、腹痛、咽頭痛(いんとうつう)、下痢、紫斑、吐血、下血、意識障害などです。死亡率は20〜80%です。

マールブルクは中央と東アフリカの起源し、ヒトとヒト以外の霊長類の感染します。マールブルグ熱、エボラ出血熱と同じ分類ファミリでは、異なった抗体を引き出すが両方構造と同じです。

マールブルグ出血熱の症状の多くは、腸チフス、マラリアなどの他の感染症のようながエボラ菌に最も似ています。

エボラ出血熱ほど急激に感染を拡大するウイルスではないようだ。

患者に接触した医療関係者など6名に二次感染が見られたが、死者はなかった。

潜伏期間は3~10日である。一次感染の潜伏期間は3~7日(二次感染では~10日と長くなることもある)で、症状はエボラ出血熱に似ており、発症は突発的である。

本当にヤバイこの病気・・・

感染経路は?

感染した人の血液、分泌物、臓器、その他の体液に濃厚接触することによって起こります。会葬者が死亡者の身体に直接触る葬儀も、マールブルグ病の感染伝播の重要な原因です。

患者の多くは洞窟に入っていたり、金鉱山で働いていたりしていることなどから、コウモリ、ラットなどの動物が宿主(しゅくしゅ)ではないかと推定されていましたが、最近、アフリカに生息するコウモリが宿主であることが確認されました。

感染者が回復した後、7週間は、感染者の精液から感染が起こることがあります。

マーブル熱の名前の由来は?

1967 年マールブルクで最初発生場所にちなんで命名されました。

治療方法

低血圧症とショック初期管理 vasopressors の血行動態に注意液と電解質バランス、循環のボリューム、および血圧を監視する必要があります。

1 2