1. まとめトップ

江戸時代まで女性は立ちションが基本だった。マジかよ?今も?

立ち小便は男だけだと思っていたがそんなことはなかった。昔は女性も立っておしっこしていたようです。今でも女性用立ちショングッツが開発されている。

更新日: 2014年10月07日

hiyoko6さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 48322 view
お気に入り追加

紀元前5世紀のエジプト

紀元前5世紀に、古代エジプトを旅したギリシャ人のヘロドトスは、エジプトの女性が立ち小便をし、反対に男性がしゃがんでしている姿を見て、びっくりしたという記録がある。

江戸時代の日本

●京都

美しい容姿の女性が、富士山を背景にした風光明媚な田子の浦で涼やかに佇んでいる」かのように肥担桶にまたがってオシッコをしたのです。

ご婦人が町の通りで白昼堂々裾をめくって排尿する姿は決して異様なものではなかった

●農村部

女性の立ち小便は農村部に行けばもっと何でもないことで、男性同様田んぼの畦や町家塀に裾をまくってシャットしていたのです。

田舎娘を江戸に連れていく最中に「オシッコはたってせずにしゃがんでするもんだ」と教えなければならないほどに、立ち小便は普通のことだったわけです。

昭和初期あたりまで、農村部では普通だったらしい。

現在

●グッツ

そうそう!こんなのが欲しかったの!てなるかーい
おまた周りが汚れないか心配
それなら、オムツとパッドをします。

お尻が丸見えにならないのはいいかも?

否定的な意見が多いものの、露出を減らせるメリットがあるという意見も。

海外では使い捨てタイプのCMさえあるっ!

●東京国立競技場

東京オリンピックの際、立ち小便をする選手用に作られたらしい。

昔(むかし)女の人が立ったまま中腰(ちゅうごし)で、後ろ向きにおしっこができる小便器(しょうべんき) があったんだ。その名は“サニスタンド”!

女の人はすわっておしっこをするのがあたり前だと思っていたのにビックリだよね。 実際(じっさい)に今から52年前にTOTOで発売(はつばい)されて、その後約20年間も販売(はんばい)されていたんだよ。

サニスタンド便器と言われているらしい。流石はTOTO様。

●ヨーロッパ

数回練習すれば「まるで自然の行為」のように立ったままの用足しが可能になるとか……

、ヨーロッパ諸国ではすでにこの「立って用を足す」というコンセプトが女性にも広がりつつあるらしい

トイレ渋滞緩和策として価値はあるのか?

●中国

あまり評判は良くないようだ。

緊急時には使えそうな気もしますが、女性の立ち小便は難しい問題ですねぇ~。ということでした~。

1