1. まとめトップ

潰した方が早く治る!? ニキビ治療の新常識

ニキビは潰したら悪化する、とずっと言われてきましたが 実は潰した方が早く治る場合もあるようだったのでまとめてみました。私が通っていた腕利きと噂の病院でも「ニキビを潰して治す」という方法を取り入れていて、初めて知った時は目からうろこでしたがこの方法で本当ににきびが無くなりました。

更新日: 2015年03月11日

twins0306さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 154682 view
お気に入り追加

潰したら悪化するんじゃないの?

ニキビを潰すと、中から白い膿が出てきます。
このニキビの膿を出し切ることができれば
早くニキビは治ります。

早く治っても、潰したら跡が残るんじゃ・・・

通常は、ニキビを潰してもその部分は自然治癒力によりもとの状態に戻ります。

実は皮膚科でも「ニキビを潰す」治療がされていた!

膿を持ったニキビはつぶすべきです。
このニキビを出す治療を「面皰圧出(めんぽうあっしゅつ)」と言い、
一般の保険の効く皮膚科でも盛んに行っている治療です。

すでに発生している白ニキビについては面皰圧出やホルモン療法による皮膚科の治療が最適。
これは白ニキビ表面に針で穴を開け、さらにアクネプッシャー(面皰圧出器)という道具で中身の皮脂を抜く治療です。

じゃあ、潰していいニキビ・潰してはいけないニキビって?

潰していいニキビは ”白ニキビ”
ニキビの膿や芯が表面に現れていて、表面が白くなっている「白ニキビ」は潰してもOK

毛穴に皮脂(コメド)が詰まり、出てこれなくなった状態。
早めに潰して炎症させない方が肌へのダメージが少ないとされています。

毛穴の深い部分で炎症を起こしている為、潰してもニキビの芯は出しづらい。
また、物理的な刺激によって症状が悪化してしまう。

赤ニキビが酷くなると「真皮層」まで炎症を及ぼしてしまいます。
真皮層ではターンオーバーは行われないので
一度傷つけてしまえば、一生「跡」が残ってしまいます。

毛穴に詰まった皮脂が増加しアクネ菌が繁殖、炎症を起こす。
炎症が悪化すると化膿、さらには色素沈着・皮脂の陥没に至る。

正しいニキビの潰し方とは

毛穴の汚れやニキビを清潔に取り去り、手では取れにくい皮脂汚れも簡単に落とします。

コメドプッシャーの使い方手順

1:消毒用エタノールまたは煮沸消毒で清潔にします。
2:コメドプッシャ―を白ニキビの上に当てて、2~3回繰り返し押さえてコメドを出します。
ニュルと白いコメドが出たらピンセットでつまみだしてください。
毛穴からコメドを取ったあとは、毛穴が開いた状態なので、このままにすると雑菌が入ってしまう恐れがあるのでケアをしましょう。
雑菌、汚れが入ると皮脂がたまりニキビが再発してしまうのでケアも大事ですね。

潰した後のお手入れが一番重要!

まず熱めのお湯でよく患部を洗いましょう。
熱めのお湯で洗った後は、消毒液で殺菌を。

1





twins0306さん

ダイエット、美容、健康、旅行、スイーツなどを中心にまとめていきます。
自分自身が気になったことなども気ままにまとめますのでよろしくお願いします。

このまとめに参加する