1. まとめトップ

【女性必見】買ってそのまま履いてる?パンプスに裏貼りすることの重要性

女性はみんな美しいパンプスが大好きですよね。パンプスをいつまでもキレイ長持ちさせる方法をご紹介します。

更新日: 2014年10月10日

90 お気に入り 552461 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

c.o.s.m.o.sさん

▽そもそも裏張りって何?

パンプスの靴底にラバーを貼ることです。
そうすることで、パンプスのつま先のめくれや痛みを防止し、また高級ブランド靴ならではのつるつるの靴底に滑り止めをすることが出来ます。

▽いつ裏張りするのがいいの?

■買ってからしばらく経って派と、買ってすぐ派にわかれます。

ゴムを張る際は、靴底を削って接着剤を流し込むそうなので、どうせ削られるので
数回履いてから裏張りをしてみるのもいいと思います。

靴底をなじませるために、数回履いてから裏張りする方も。

革でできた靴底、そのままでも大丈夫ですよ
ダメになっても、作りのいい靴なら修理も可能ですし

でも、そのままだとカーペットの上や雨の日など滑りますよね
私は滑り止めのために、ゴムのシートを貼ってますよ

裏張りしなくても大丈夫、という意見もあるようですが、滑り止め(=安全)のために貼った方が良いみたい。

フェラガモはわりと華奢なタイプの靴。底も薄くそのままだとつま先のほうの底もすぐに薄くなってしまいます。油断するとつま先本体のほうも痛んじゃいうので、そんなに履いていなくても、つま先の部分が気になって早めの修理に出すことも多いです。

▽裏張りはハイヒールだけのものではない!

ルブタンのお店で底張りをしていただくと
日数もお値段もかかってしまいますので、
購入したその足で
松屋3階にあります靴修理カウンターへ持ち込み、
約1時間半くらいで綺麗に赤い底張りを仕上げていただきました

この方はルブタンのローヒールも裏張りをされております。

▽もちろん痛んでからも裏張りはできます

▽どこで裏張りできるの?

百貨店の靴リフォームカウンターでもできます。
やはり高級ブランドのパンプスは百貨店でされる方も多いみたい。

、先日ある人と話をしていた時、クリスチャン・ルブタンの靴の修理ならば
新宿 伊勢丹1階にある、婦人靴リフォームカウンターが良い、と薦められた。

100均の滑り止めは3種類くらいあって、いかにもなゴム製もあるのですが、私は見てくれ重視で薄く硬いゴム製のをいつも使ってます。

なんと100均グッズで裏張りしちゃう人も。

▽まとめ

せっかく買ったパンプス、いつまでも綺麗に楽しみたいですよね。
時期は遅かれ早かれパンプスの裏張りは非常にお勧めです!

1