1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

「沙友理は無罪だ!」
「彼女は謝罪した。でもアイドルは、やらなかったことについても謝罪する」
「ふしだらな女性の振る舞いをしてしまったね。そして、自分は悪くないと言って謝罪している」
「間違いを犯したときに謝るべきだ。自分自身であることを謝ってはいけない」

沙友理は無罪だ!」
「彼女は謝罪した。でもアイドルは、やらなかったことについても謝罪する」
「ふしだらな女性の振る舞いをしてしまったね。そして、自分は悪くないと言って謝罪している」
「間違いを犯したときに謝るべきだ。自分自身であることを謝ってはいけない」

乃木坂46メンバーの生駒里奈、白石麻衣、桜井玲香とともに笑顔でピースサインを作る松村の姿が。この写真に、スキャンダルに傷ついたファンたちが敏感に反応し、ネット上の掲示板などでは「まるで反省してないな」「わろてるやん(笑っているじゃないか)」と言った書き込みが殺到しているのだ。

「昨年2月に、GENERATIONS・白濱亜嵐との“お泊まり愛”が報じられたAKB48の峯岸みなみが、丸刈りで号泣謝罪する動画をYouTubeで配信した直後、高橋みなみや板野友美らと一緒に“笑顔でダブルピース”した写真を公開した際も、同様に『軽率だ』『やっぱり反省してない』といった非難の声が上がりました。今回も、松村としては元気な姿をアピールするつもりだったんでしょうが、逆効果となったようですね」

稚拙すぎる謝罪台本!? 乃木坂46・松村のスキャンダル釈明は完全に裏目か...

 集英社に勤める妻子ある編集者と複数回デートし、自宅前で抱き合ってキスしている様子などが「週刊文春」(文藝春秋)によって写真付きで報じられた乃木坂46の松村沙友理(22)。目下スキャンダルの渦中にある彼女だが、同誌が発売された8日の夜10時には、ラジオ番組『レコメン!』(文化放送)の生放送に出演、涙ながらに謝罪、釈明した。

 番組中盤、共演していた乃木坂46の生駒里奈(18)から「ここで松村沙友理から皆さんにお伝えすることがあります」と促された松村は、「まず、ここでお時間いただけたこと、本当にありがとうございます。乃木坂の松村沙友理です」と挨拶。一呼吸おいて、文春の記事に触れると、「書かれていることは、本当に事実じゃないことも多くて、私も本当にその記事を読んで驚いています」と話し始めた。

 ときおり声をつまらせ、涙まじりに釈明と謝罪を繰り返す松村。しかし、その内容は、いかにも不自然で、多くのファンを納得させるものではなかった。彼女の主張をまとめると、

男性の素顔を知る関係者は「仕事はできる方だが、風貌は貧弱で一部から“へナチョコ”とからかわれている。モテるタイプには思えないが、大手出版社という看板もあり、かなりの頻度で合コンをしているので、社内でも『アイツは調子に乗ってる』と陰口を叩く者もいますね」。

 一緒にパーソナリティーを務めたメンバー生駒里奈(18)は松村を「おバカちゃん」としたものの「ずっと仲間でやってきた。すべて支えるし、守ろうと思う」と語ったが、松村の“処分”は未定だという。

。乃木坂46のエースといえる松村の名前にも驚いたが、そのS氏というのが妻子持ちの既婚者だというから、その衝撃は計り知れない。

 記事によると、2人は「週一ペースで密会を重ねており、新宿や銀座の個室高級カラオケで深夜に逢瀬を楽しむ姿が目撃されている」という。そんな2人の路チューが激写されたのは9月17日午前3時のこと。東京都新宿区の小さな公園の暗闇の中で、「熱烈な接吻」を繰り返していた瞬間だった。

1