1. まとめトップ

何が違うの?キッチンペーパー ~キッチンタオル・クッキングペーパー・ペーパータオルの違い~

キッチンで使うのに便利なキッチンペーパー、実は各社キッチンタオル・ペーパータオル・クッキングペーパーと名前が違って使用用途も違うって知ってましたか?その違いをまとめてみました。

更新日: 2014年10月09日

6 お気に入り 100848 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

台所で使うキッチンペーパー、便利ですよね。
でも、使用用途によって名前が違ってるって知っていましたか?
今回はその違いについて書いていこうと思います。

キッチンタオル

キッチンペーパーと聞いて浮かぶのはだいたいこのタイプ
スーパー・ドラックストア・ホームセンターなどでも良く見かける
正式な商品名はキッチンタオル
さまざまなメーカーから出ていて4ロール入・2ロール入・ボックスタイプなどいろんな種類がある。
コストパフォーマンスに優れている。

キッチンタオルの特徴

価格も手ごろでどこでも手に入りやすい
食品の水気取り・フライ/天ぷらの油きり・調理道具の油ふきに使用できる
電子レンジの温め機能でも使用可能 ※但し加熱しすぎないように注意!
灰汁取りにも使用可能 ※落し蓋としての使用は不可
オーブンの使用は不可
長時間の調理には向いていない
粘着性の強い食品への使用は紙の繊維がつく可能性があるのでお勧めできない
濡れると破けやすい

ペーパータオル

商品名はペーパータオル
ペーパーふきんと言うとわかりやすいかもしれない
実店舗で見かけることはほとんどない商品だが某会員制倉庫型店利用者にファンが多い

ペーパータオルの特徴

厚手で濡らしても丈夫・絞っても使える

調理台/レンジの拭き掃除・フライパンの油汚れ・食卓のふきんがわりとして・レジャーやアウトドアに使用できる
電子レンジ:使用不可
オーブン:使用不可
灰汁取りや落し蓋・天ぷらやフライの油きりなど油性の強い食品や高温下での使用は控えること
※食品用に作られてはいないので要注意!(野菜の水切りには使用出来るメーカーのものもありますので商品説明をよくご確認ください)
ブロガーさんのHPではなんにでも使えて便利♪みたいなカキコミがありますが、メーカーは推奨していません。
ふきんや台ふきん・また雑巾のかわりとして使用する商品です

クッキングペーパー

商品名はクッキングペーパー
その名の通り料理のさまざまなシーンで使える
値段はキッチンタオルと比較すると高めだが汎用性に優れ、どこでも手に入りやすい

クッキングペーパーの特徴

パルプを主体とする不織布で出来ており、熱・油・水に強い
食品の水気取り・フライ/天ぷらの油きり・調理道具の油ふき・だしこし/油こし・落し蓋のかわりとして・灰汁取り・電子レンジでの温めや下ごしらえに・濡らして食材をつつみ電子レンジで蒸し料理に・蒸し器での蒸し料理に・台拭きやふきんのかわりとして・レジャーやアウトドアに・濡らしておしぼりとして・など様々な用途に使用できる
電子レンジ:使用可
オーブン:使用不可
価格はキッチンタオルより高めだが、食材の下ごしらえなどにも使え使用用途が広い
食品にも安心して使える

最後に

いかがでしたか?
キッチンペーパーとよんでいる商品は上記の三種類のうちどれかに分類されます
価格や使用用途に応じてご家庭に合ったものをお選びください

1