1. まとめトップ

ポーランドの美しい切り絵 - ヴィチナンキ

ポーランドの伝統工芸、ヴィチナンキ (Wycinanki) は手作業で紙を切って作る美しい切り絵です。

更新日: 2014年10月09日

28 お気に入り 23034 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

sketch-bookさん

ヴィチナンキ (Wycinanki) とは

ポーランドの切り絵(Wycinanki-ヴィチナンキ)の歴史は、18世 紀にさかのぼります。農家では、当時窓にカーテンの代わりとして、防寒効果にも優れた羊の皮を使用していました。その羊の皮を切り取って明りとりにしたのが、ポーランド切り絵の始まりではないかといわれています。

19世紀前半になり、色紙が庶民の間にも出回るようになると、材料が容易に手に入り、安価にカラフルな切り絵を作ることが出来るようになります。

ワルシャワ近郊の農家の女性たちの間 で、部屋の飾りつけとしてさかんに作られるようになりました。切り絵は、冬の時期、家庭内で楽しめる、娯楽としても広がりました。

モチーフ

村の生活に身近な家畜のニワトリや馬、ポーランドに春になると飛来し、屋根の上に巣作りをするコウノトリ達、庭や畑に咲く草花などです。

又、村の伝統的な結婚式や宗教行事、畑の収穫の様子、糸紡ぎ、キノコ狩りなどの、ポーランド の素朴な農村の生活を垣間見ることができます。

古い切り絵は、今はなくなってしまった農村の習慣や文化を伝える、大切な歴史的資料として重要視されています。ポーランドの切り絵は、村の女性たちの間で母から娘へ、又その子どもへと、伝えられてきました。​

参考動画

ヴィチナンキ画像集

1 2 3