1. まとめトップ

台風18号の影響で東海道線が不通に  まさかの新幹線での代替輸送開始

台風18号の影響で東海道本線は由比~興津間が現在も不通となっており、JR東海は同区間を含む富士~興津間の運転を見合わせている。当面の間、寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」、特急「ワイドビューふじかわ」も全区間で運休に。

更新日: 2014年10月08日

0 お気に入り 8261 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

道楽生活さん

土砂崩れで東海道線が不通 当面の間、寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」、特急「ワイドビューふじかわ」も全区間で運休に

JR東海は10月7日、台風18号に伴う静岡・山梨地区の被災状況などを発表した。東海道本線と身延線で土砂流入などの被害が発生。現在も東海道本線の一部区間が不通となっている。

東海道本線は由比~興津間が現在も不通となっており、JR東海は同区間を含む富士~興津間の運転を見合わせている。

JR東海によると東海道線の被災状況は、興津駅~由比駅間の土砂流入が長さ約40mにわたっており、新所原駅~鷲津駅間でも約20mの土砂流入、金谷駅構内では線路砕石流出があった。

JR東海によりますと、土砂は斜面にあった木とともに、幅およそ40メートルにわたって崩れたということです。
また鷲津駅と新所原駅の間でも、線路沿いの石垣が幅およそ20メートルにわたって崩れました。

大動脈の東海道線の昼夜を問わず復旧作業が続く

同社は「具体的な被害状況の確認は現在進めているところですが、現時点で判明しているところでは、この区間の運転再開には相当日数を要する見込みです」としている。

寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」や特急「ワイドビューふじかわ」はもちろん貨物列車も運行できない

復旧には相当の日数を要することから、トラックによる代行輸送、う回臨時列車の運転を開始した。

まさかの新幹線による代替輸送もスタート

・由比駅~興津駅間を含む定期券・回数券、及び10月5日以前に購入された乗車券をお持ちのお客様を対象に、特例的に新富士駅~静岡駅間を特急券不要で新幹線にご乗車いただける代替輸送を10月8日より行っています。

1 2