スコットランドの牧師ロバート・スターリングが1816年に発明した、シリンダー内の気体を外部から加熱・冷却して仕事を得る外燃機関で、理論的にカルノーサイクルと等しい高い熱効率を有し、外燃機関であるため熱源を選ばない(太陽熱、バイオマス燃料廃熱...etc)また化石燃料を熱源にする場合、その燃焼は連続燃焼であるため排気ガスがクリーンである。

出典|スターリングエンジンとは|有限会社 協和合金

次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

“10kW未満のスターリングエンジン発電” が規制緩和で「一般用 電気工作物」に

電気事業法が改正となり、 “10kW未満のスターリングエンジン発電” が太陽光発電・風力発電・燃料電池に続いて規制緩和され、一般用電気工作物となりました(平成26年11月5日 公布・施行 )。 いよいよ家庭でもスターリングエンジン発電の期待が高まります。

このまとめを見る