出典 www.aist.go.jp

寒冷地用最適コジェネ・システムの開発

産総研2006/08/02発表・掲載
スターリングエンジン採用で家庭用の発電・給湯バランスを自由自在に

発電量と給湯量のバランスを自在に調整できるスターリングエンジン発電システムを採用

寒冷地向けの使用バランスでは、従来のコジェネ・システムに比べ高効率

環境負荷低減を目指したバイオマス燃料にも容易に対応可能

この情報が含まれているまとめはこちら

“10kW未満のスターリングエンジン発電” が規制緩和で「一般用 電気工作物」に

電気事業法が改正となり、 “10kW未満のスターリングエンジン発電” が太陽光発電・風力発電・燃料電池に続いて規制緩和され、一般用電気工作物となりました(平成26年11月5日 公布・施行 )。 いよいよ家庭でもスターリングエンジン発電の期待が高まります。

このまとめを見る