例えば、10kWの太陽光発電設備、15kWの風力発電設備、8kWのコージェネレーションシステム用発電機などは全て、一般用電気工作物として分類されます。なお、新エネルギーの幅広い普及を促すため、特に安全性が高いとされる発電設備については規制緩和が行われ、電気事業法の改正により太陽光発電設備は50kW未満、水力発電所(ダムを伴うものを除く)では20kW未満の規模を、一般用電気工作物として扱うようになりました。

出典電気工作物 | 一般用・自家用・事業用電気工作物

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

“10kW未満のスターリングエンジン発電” が規制緩和で「一般用 電気工作物」に

電気事業法が改正となり、 “10kW未満のスターリングエンジン発電” が太陽光発電・風力発電・燃料電池に続いて規制緩和され、一般用電気工作物となりました(平成26年11月5日 公布・施行 )。 いよいよ家庭でもスターリングエンジン発電の期待が高まります。

このまとめを見る