1. まとめトップ

1964年東京オリンピックの遺産(レガシー)【50年前の新スポット】

2020年のオリンピックに向けて再開発が進む東京。今あらためて50年前のオリンピックでの都市開発を振り返ってみます。

更新日: 2018年04月24日

2 お気に入り 23220 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

KURISEKIHANさん

50年を経過して設備の更新が相次いでいます。いずれすべて見られなくなるかも・・・

国立競技場(国立霞ヶ丘競技場)※解体済

銘板は国立競技場の改築に向けて、取り外されました。
外された銘板は都内の倉庫で保管したあと、新しい国立競技場に併設される博物館に収められることになっています。

国立代々木競技場

渋谷公会堂

駒沢オリンピック公園

こちらも芦原義信の設計。
会期中、競技をテレビの電波に伝え、観衆を輸送する交通を管制し、公園の電気や水などをコントロールする大切な役割を果たしていました。

日本武道館

爆風スランプの曲のタイトルは武道館の屋根の上に載っている擬宝珠のこと。

1 2 3