階段の上り下りは、段差のないところを歩くよりも、太ももの前側の筋肉である大腿四頭筋を使います。大腿四頭筋は大きな筋肉であるため、鍛えることで基礎代謝の向上につながりやすいです。

出典運動する時間のないダイエッターは階段を上れば1分で11kcal消費できる | ダイエットSlism

大腿四頭筋は、大きな筋肉であるため、鍛えることで基礎代謝アップにつながりやすいです。また、大きな筋肉は普段運動する習慣のない人でも、意識的に動かしやすく、鍛えやすい筋肉です。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

通勤・通学は階段を使おう!「階段の登り降り」の運動効果が凄い!

通勤・通学でエスカレーターやエレベーターを避け、健康の為にと階段を使う方も多いのでは無いでしょうか?それは間違いでは無かった!階段の昇降はエネルギー消費、基礎代謝が上がる、ダイエット効果がある...など様々な運動効果があったのです。

このまとめを見る