1. まとめトップ

東京オリンピックから50年 国立競技場の聖火台が取り外される。復興のシンボルとして石巻市に貸し出し

1964年の東京オリンピックの開会式から、ちょうど50年となる10日、2020年の大会に向けて改築される国立競技場で、大会のシンボルとなった聖火台が取り外されました。

更新日: 2016年06月17日

0 お気に入り 1869 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Cocochanさん

2014年10月10日 国立競技場の聖火台が取り外されました。

国立競技場の聖火台が先ほど撤去作業がはじまったそうです 撤去後は、新しい国立競技場が建設されるまでは、復興のモニュメントとして石巻市へ貸し出されるそうです 聖火台ありがとうお疲れ様でした pic.twitter.com/7zcQOVnI32

東京オリンピックから50年。 国立競技場にやってきた。 聖火台だろうか。いままさに、クレーンで持ち上げられようとしていた。 50年間、数々の名勝負を見つめきた聖火台は「ひとつ」の役目を終えたようです。6年後、また会いましょう。 pic.twitter.com/MosBDpuH4a

聖火台取り外されちゃったね… でも、新国立競技場に展示されるんだって!! 廃棄じゃなくて良かった(*´∀`) pic.twitter.com/JOShPVMFc7

1964年の東京オリンピックの開会式から
ちょうど50年となる10日
2020年の大会に向けて改築される国立競技場で
大会のシンボルとなった聖火台が取り外されました。

聖火台は、国立競技場の改築が終わる2019年3月までの間
東日本大震災からの復興のシンボルとして
宮城県石巻市に貸し出され
完成後の国立競技場に保管されます。

50年前の今日、点火された国立競技場の聖火台。 今日取り外されて、宮城県へ復興のシンボルとして新競技場に再設置するまでの間貸し出しをするそうです。

聖火台、取り外されたのね。 さみしいなー(╥╯θ╰╥) 国立~(இдஇ; )

国立競技場の聖火台取り外されたんだ…ちょっと寂しい

1