1. まとめトップ

高額の「オンラインサロン」ブームが到来!有名人に近づける握手会感覚?ホリエモンも開始

堀江氏やはあちゅう・経沢氏などがオンラインサロンを始めています。単なるメルマガを受け取るだけではなくて、フェイスブックなどでやりとりする事もできるようです。有名人に近づける握手会の感覚でオフカイに参加して、著名な人と話すチャンスがあるかもしれません。

更新日: 2014年10月11日

1 お気に入り 11511 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

misukiruさん

堀江さんが月額1万円のホリエモンサロンをオープンし一晩で400人集めたのを皮切りに、オンラインサロンのブームが来ているような気がします。

高額の「オンラインサロン」

「シナプス」の代表である田村氏は、堀江氏やはあちゅう・経沢氏がサロンビジネスで成功したことにより、オンラインサロンを開設したいという著名人からの申込が殺到

有料メルマガではメールという媒体を使って情報を会員の方に提供しますが、オンラインサロンではFacebookのグループを使って情報を提供します。

Facebookのグループでは、会員も自由にコメントなどをできますので、コンテンツに対して意見を言ったり、会員同士でやりとりをしたりできる

ホリエモンのオンラインサロン

ホリエモンこと堀江貴文氏。獄中にいながら年商1億円以上を稼いだことで知られるが、次に目を付けたのは有料オンラインサロンだ。

7月28日に起業家の堀江貴文氏のサロンのメンバー募集を開始したところ月額10,800円という高額会費にも関わらず一晩で定員400名が満員

ちゅうつねカレッジ

こちらも月額8,900円と高額ながら、わずか一週間での450人の会員が殺到。いずれのサロンも毎月400万円を超える固定売上げをわずか数日で構築

ちゅうもえサロン

村上萌氏と上述のはあちゅう氏が運営する「ちゅうもえサロン」は730名が月額1,000円で参加する日本最大の参加人数を誇るサロン。

オンラインサロンのビジネスモデル

モバキッズはSynapeseで平均単価1000円のオンラインサロンを複数運営し、売上の20%を手数料として徴収している。

フェイスブックグループ&Paypalを使ったサロン運営サービス「Synapse」に出展している事業者をまとめてみました(2013年2月18日時点)。

「ちゅうもえの楽屋にいらっしゃい♪」 424人×1,000円=424,000円
「大石哲之のサロン「tyk projects」」 350人×1,155円=404,250円
「サムライインキュベート榊原健太郎のオンラインサロン「Samurai Salon」」 148人×1,000円=148,000円
「Yuhei Umekiの有料オンラインサロン「Umeki Salon」」 135人×1,000円=135,000円
「もりぞお海外研究所」 116人×630円=73,080円
「Pro-Value田中伶の「ビジネス書キュレーションサロン」」 57人×1,000円=57,000円
「Sudaxの有料オンラインサロン「Sudax Salon」」 25人×2,000円=50,000円
「Webマーケッターはらちゃんの[ソーシャル×集客]実践サロン!」 20人×1,234円=24,680円
「ソーシャル x スマート コミュニティ【TechBuzzSalon】」 33人×480円=15,840円
「Busimo大学オンライン」 2人×500円=1,000円
合計:1,332,850円
年間売上:15,994,200円
http://www.ikedahayato.com/index.php/archives/21134

著名人(たとえばホリエモン)がサービスを利用し、多額の収益を上げるといった事例が出てこないと、認知度のキャズムは超えられないでしょう。

*これはホリエモンが開始した事で達成されました。

参考リンク

1