1. まとめトップ

なぜか惹かれる【月の魅力】ミラクルムーン、スーパームーン、ブルームーン 満月にまつわる言い伝え。

【月の魅力】とはなんなんでしょうか。ただただ、眺めているだけでも不思議と惹き付けられますよね。スーパームーン、ブルームーンいくら見てても飽きないです。そして世界各国『月』に関しての中々面白い言い伝え等があります。

更新日: 2014年12月27日

9 お気に入り 48357 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Scrippsさん

月が地球に最も近づいたときに、満月もしくは新月の形になった月の姿、またはその現象をスーパームーンという。

ブルームーンは見ると幸せになれると言われています。

「満月の夜には何かが起こる」とは昔から言われてきました。古今東西、満月にまつわる伝承、言い伝え、都市伝説は数多くあります。
あなたは満月の夜にまつわる思い出や不思議な経験はお持ちですか?

色んな言い伝えがありますね

新月の晩から満月の晩まで、願いをかけながら赤いリボンに結び目を毎晩一つづつ作っていき、14の結び目をつくります、これで二人の心がしっかりむすびつけられる、というものです。

上弦の月から満月までの間に一緒に旅をした人との縁は長く続く。
大切な人との旅行はこの時期に!

三日月を見たらポケットのコインをひっくり返すとお金が増える。

「出産は新月、満月の日に多い」
言い伝えでもあり、今でもまことしやかに語られている話が、お産と月の満ち欠け、お産と天候、お産と気圧との関係です。満月の夜や突然の春の嵐の日、低気圧が来る日に限って産院が出産ラッシュになるというのは、みなさん1度は聞いたことがありませんか?

【北欧に広く伝わる伝承】

「妊婦/若い女性」は「満月を見てはいけない/月を凝視してはいけない」など、いろいろなバージョンがあります。若い女性は「妊娠」したり、妊婦は「お腹の子供によくない/生まれた子が精神障害になる」のだとか。

1 2 3 4