ひとことで言うと、「合計」です。
そんなこと?と思うかもしれませんが、そうなのです。

ただし、「ある範囲の合計」だということがポイントです。
上の例だと例えば、「月曜日から日曜日」の合計は1周間の合計ですね。
そのように「ここからここまでの合計」が積分なのです。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

小学生でもわかる微分積分-積分入門編1【かんたん数学講座】

本来、微分積分はそんなに難しいものではありません。学校の先生が難しく教えるから難しく感じるのです。分数の足し算をするくらいの気持ちで、微分積分を学んでみましょう。きっと楽しくなります。今回は、積分とはなに?ということを解説します。

このまとめを見る