1. まとめトップ

【Perfume】人を惹きつける魅力って何?

「ポリリズム」のヒット以来、日本の音楽シーンに「Perfume」という唯一無二のジャンルを確立した彼女達。今や世界へと活動の場を広げ、耳や目が肥えた海外の人たちをも虜にしている。11月に行われるワールドツアーのNY公演チケットは即Sold out、なぜ人々は彼女達に惹きつけられてしまうのか。

更新日: 2014年10月26日

11 お気に入り 21269 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

CHiWAWAさん

プロフィール

2000年に広島アクターズスクール内で結成された3人組テクノポップユニット。結成当時はのっちの前にほかのメンバーが在籍していたが、そのメンバーが抜けたため、あ~ちゃんの勧誘によりのっちが加入。あ~ちゃん、かしゆか、のっちといった、現在のPerfumeが形作られる。(結成当時は「ぱふゅ~む」であったがメジャーデビューを機に「Perfume」に表記を変更)
なお、Perfumeという名前の由来であるが、メンバーの全員の名前に「香」という文字が入っていたためだが、脱退メンバーの代わりにのっちが加入して以降、「香りは人を癒したり、色々な感情にする。そんな存在でありたい。」ということにしている。しかし本人たちは「意味は後付けです(笑)」と公言している。
2002年、広島限定デビューシングル「OMAJINAI☆ペロリ」でCDデビュー。
2003年には上京し、サウンドプロデューサーに中田ヤスタカ(CAPSULE)を迎え、インディーズ1stシングル「スウィートドーナッツ」をリリース。しかし、当初は声を加工されることに違和感を感じており、レコーディングの際は毎回メンバーの誰かしらが泣いていたという。鳴かず飛ばずの時代が続いたが、満を持して2005年9月21日「リニアモーターガール」でメジャーデビュー。しかし、リリース当日は、仕事が入っておらず2日後に記者会見を行ったという悲しいエピソードからのスタートとなった。2006年にリリースした「コンピュータシティ」では、初めて「愛してる」という言葉が歌詞中に使用され、中田ヤスタカが手掛ける曲が好きになり信頼を置くようになったという。
不毛の時代が長らく続いた彼女らだが、ついに陽の目を浴びることとなる。
2007年、自身も出演するACのCMにタイアップ曲として「ポリリズム」が起用される。
すると、これが大きな話題を呼んだ。「あの3人組は誰?」「あの曲は何という曲?」と問い合わせが殺到。「ポリリズム」はオリコンウィークリーチャートで7位を記録。一気にブレイクし彗星の如く、日本の音楽シーンのメインストリートへと躍り出る。中田ヤスタカが作り出す先鋭的なエレクトロサウンドに、まだあどけなさが残る可愛らしい3人のクールで無機質な声がのることによって生まれる斬新でクオリティの高い楽曲達は、どこか懐かしく、でも新しい感じもする。メディアは彼女らを挙って取り上げるようになり、知名度は益々上昇。
翌年の08年にリリースしたアルバム「GAME」はオリコンウィークリーチャートで自身初となる1位を記録。同年にリリースしたシングル「love the world」でも1位を記録。テレビ朝日系列「ミュージックステーション」出演時に同番組のシングルチャートランキングで「love the world」の1位が発表された際には、メンバーのあ~ちゃんは嬉しさのあまり大粒の涙を流した。その後も、立て続けにヒット曲を連発、ファンは確実に増えてゆき、確かな地位を確立していく。現在までに武道館やアリーナ、ドームなどを含む5度の国内ツアー、そしてワールドツアーを2度成功させ、11月には3度目となるワールドツアーを控えている彼女達。なぜここまで求められる存在になることが出来たのか。

あ~ちゃん

あ~ちゃん(西脇綾香)
1989年2月15日生まれ。A型。広島県出身。髪型:パーマ(ポニーテール)
メンバーの中でも特に明るい一方、涙もろく昔の売れていなかった時代の話やファンの暖かさを感じてしまうと、涙を流してしまう場面が多い。ライブでは、もはや定番となりつつあるが、皆がその純粋な心と姿勢に胸を打たれ、もらい泣きしてしまうファンも少なくない。
ライブに限らずTV出演やインタビューでは、3人を代表してMCや話をすることが多いが、
「3人の思いをちゃんと伝える」ということを第一に考えて、話をすることを常に心がけている。「もっと3人が思うことを上手に表現できるようになりたい」ということから、今年の4月からは四国限定のラジオ番組「あ~ちゃんのただただラジオがスキじゃけん」のパーソナリティを務めている。Perfumeのメンバーがソロとして活動するのはこれが初めてのことである。
また、彼女は3人姉弟の長女である。次女の西脇彩香は、川島海荷などが所属している5人組アイドルグループ「9nine」のメンバーとして活躍しており、今年行われたPerfume主催で行われた対バンツアー「Perfume Fes!! 2014」の広島公演では9nineと共演、念願の姉妹初共演を実現させ、会場は大きな感動に包まれた。

かしゆか

かしゆか(樫野有香)
1988年12月23日生まれ。A型。広島県出身。髪型:ロング
漫画、黒のファッションアイテム集め、写真、動物好きなど多彩な趣味を持つ彼女。特に漫画への熱量は底知れず、メンバーのあ~ちゃんからは「マンガマスター」と称されるほど。Perfumeファンの中では好きな漫画として有名なジョジョシリーズをはじめ、ガラスの仮面、からくりサーカス、進撃の巨人、いつかティファニーで朝食をなど、青年漫画から少女漫画までジャンルを問わない。日本の「マンガ」というサブカルチャーをこよなく愛している。そのため、ライブではマンガの話を持ち込むことも度々あり、会場は何とも言えないアットホームな空気に包まれる。
昨年からは、「リヨン」という名前の猫を飼い始めていることを公言しており、ブログにもたびたび登場。新曲「Cling Cling」のMVでは、デビューも果たしている。彼女のライブなどでの衣装はいわゆる、「変態丈」と呼ばれ、スカートの丈がとても短いのが特徴の1つでもある。本人は「丈が短くないとしっくりこない。どんどん布が少なくなっている(笑)」と、自分でも認識しているようだ。その華奢な体からは想像がつかないほどの大食いで、一日5食食べることもあったそう。ただし、野菜は苦手で最近は克服しようと頑張っている。

のっち

のっち(大本彩乃)
1988年9月20日生まれ。A型。広島県出身。髪型:ショートボブ
一見しっかり者のようも思える彼女だが、3人の中では一番ぬけているといってもいいくらい天然である。過去のエピソードでは、ツアー先の地方に携帯電話と間違えてエアコンのリモコンを持っていってしまったことがあり、あ~ちゃんに注意されたという。ただ、その理由が「エアコンの設定温度が17℃であったため」というあ~ちゃんもどこか論点が違うほんわかエピソードをはじめ、ラジオやライブMCでは話をしているときに言葉を噛むことが多く、「噛み様」と称されることもしばしば。TV番組では口数の少ない彼女だが、ライブになると豹変。客を煽りたてるようなコールアンドレスポンスや、芯のある一つ一つの言葉は、男前と言いざるを得ない。そのONとOFFのギャップがまた、たまらなくファンの心をつかんで離さない大きな要因であろう。
メンバーの中では、唯一兄弟がいなく一人っ子である。また、極度の人見知りからなのか、友達が非常に少なく、1人で時間を過ごすのが得意だという。
ジブリや細田守監督のアニメ(サマーウォーズ、時をかける少女など)のファンであり、かしゆかからは誕生日にそれらのブルーレイセットをプレゼントされるということもあった。

中田ヤスタカ

こしじまとしことのユニット、CAPSULEを軸として活動している傍ら、Perfumeのサウンドプロデュース、今やPerfume同様、世界から注目を浴びるきゃりーぱみゅぱみゅのデビュー以降全ての楽曲のサウンドプロデュース、MEGや酒井景都とのユニット「COLTEMONIKHA」の楽曲のほとんどの作曲をはじめ、数々の有名アーティストへの楽曲提供やリミックス、ドラマや映画のサウンドトラックまで幅広く手掛けている。今、エンターテイメント界を音楽の面から支えている、Perfumeを紐解くうえで最も重要な人物の一人である。彼が生み出す楽曲はエレクトロ・テクノ色の強い曲が多いのが特徴であり、作り出される多くの楽曲は、声にエフェクト、所謂、加工が施されている。彼は、音楽制作をする上で、声も楽器の一部と捉えており、歌詞の世界観とよりかは、メロディと歌詞の語感のマッチングを大切にしている。しかし、Perfumeの楽曲において、それらの歌詞はそうは思えないくらい完成度の高い、精巧な恋物語が展開されている曲が数多く存在し、中田の作詞面での技術の高さも垣間見ることが出来る。
彼の作る音楽は、とにかくルールに縛られず自由に作っているということがCAPSULEやPerfumeの楽曲をはじめ、明らかに感じ取ることできる。それは同時に自らが作る音楽に絶対的自信をもっているということの裏返しでもあるように感じる。彼自身も「自分が鳥肌の立つような音楽を作り続けていきたい」「音楽は、ここ好きじゃないんだよねとかいうところを作ってはいけない」と公言している通り、彼が持つ独特のアイデアと天性のセンスがその作り上げる楽曲の隅々まで惜しげもなく落とし込まれている。
Perfumeの3人は「中田さんの作る音楽をやらなくなった時は、Perfumeが終わる時です。」と断言しており音楽面では絶大な信頼を寄せているのが伺える。一方で長年一緒に駆け抜けてきたということもあり、とても距離が近く3人曰く「近所のお兄さん」的な感じで接しているという。

声は楽器の一部だという考えが如実に表れているのが2013年にリリースされたCAPSULEのアルバム「CAPS LOCK」収録曲の「CONTROL」です。驚異的な中毒性です。

関和亮

メジャーデビューシングル「リニアモーターガール」からほとんどのPerfumeのMVやCDジャケットに携わってきた映像ディレクター。最近では、数多くの有名アーティストのMVを制作をしており、日本のロックバンドであるサカナクションの「アルクアラウンド」、Perfumeの「Dream Fighter」といった彼が制作したMVはそれぞれ名誉ある賞を受賞している。
Perfumeのライブではビジョン映像や写真集なども担当している。
映像で見る限り、とても気さくな性格で中田同様、Perfumeとの付き合いが長く撮影現場は終始和やかなムードで進められているが、良いカットを撮るのには時間を惜しまず、自分が納得するまで撮影は続き、大幅に時間を押してしまうことがある。しかし、3人は関のその姿勢にとても尊敬の目を向けている。

賞を受賞した2作品のMVです。Perfumeの「Dream Fighter」はダンスビデオとなっていて、アルクアラウンドは歌詞×一発撮りというような、歌に合わせ歌詞のパネルのようなものが色々な形で現実世界に配置されており、その中をヴォーカルの山口さんが彷徨うように歩き続けます。伝え方は違えど、どちらもメッセージがガツンと伝わってくる曲、ビデオです。

MIKIKO

Perfumeのインディーズデビューシングル「スウィートドーナツ」から最新シングル「Cling Cling」まですべての振り付けを担当しているが、それ以前に広島アクターズスクールでPerfumeの3人とはすでに面識がある。歌詞とシンクロする振り付けは、誰もが見入ってしまうような独特で女性の細かな仕草やポーズがふんだんにあしらわれたものばかりで、Perfumeの代名詞ともいえるものだ。一見簡単そうに見える彼女の振り付け。しかし、リズムを細かく刻み、3人がそれぞれ異なる動きをする振りも多く完コピするのは至難の業であるが、本人たちは2~3時間ほどで一曲分の振り付けを覚えてしまうというのだから驚きだ。またライブとなると、舞台演出も担当し、長年Perfumeを見てきているからこそ、どのような会場の大きさでも、会場が小さかった時のお客さんとの距離感やビジョンに頼りすぎないといった本当の意味でのライブ、Perfumeらしさを最大限に生かせる演出を作れているのだと感じる。

個人的に一番好きな振り付けでもあるNIGHT FLIGHT」。CAの仕草をこれでもかと詰め込んであるはずなのに、完璧にまとめておりクールな3人を見た時には感動を通り越して呆然としてしまいました。

真鍋大度

クリエイター集団「ライゾマティクス」の一人。Perfumeのライブ演出は2010年の東京ドーム公演以降、数々のライブ演出を担当。もはやお家芸となったプロジェクションマッピングの演出も彼が考案し、国際的にも有名な「カンヌライオンズ国際広告祭」では、その技術とPerfumeが見事にコラボレーションし、銀賞を獲得。Perfumeは、日本人史上初としてこの広告祭のステージでパフォーマンスをした。また、「Perfume World」というPC内の仮想空間の中でファンとPerfumeが繋がれる場所や、メジャーデビュー10年目の記念ライブでもあったぐるんぐるん最終日終演後、サプライズとして、Twitterとの連動で、ファンのアイコンが集結して描かれたデビュー以降にリリースされたCDジャケットのモザイクアートをメンバー3人にプレゼントした。ファンとPerfumeをより近くに感じれる環境やプロジェクトが次々に創り上げられているのも、Perfumeファンの1人でもある彼の存在だ。

1 2