1. まとめトップ
  2. 暮らし・アイデア

家で至福の時間を…自宅で本当に美味しいコーヒーを淹れるコツ

朝やちょっと疲れた時のリフレッシュに欠かせないコーヒー。自宅でなかなか美味しいコーヒーが淹れられないと諦めていませんか? 実はちょっと拘るだけで、本当に美味しいコーヒーを淹れることができます。自宅で美味しいコーヒーを淹れるコツまとめました。

更新日: 2014年12月26日

ikuo00ukさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
933 お気に入り 230185 view
お気に入り追加

家でドリップコーヒーは、なかなかハードルが高い

自宅で飲むコーヒーは、なかなか美味しくできない?より美味しく飲むコツ

ハンドドリップ式の場合、初心者にとっては決して簡単とは言いがたい技術が、淹れるために必要になる。何度か行ううちに慣れ、安定するものの、カップラーメンと比べれば難しい

自宅のコーヒーが酸っぱくてまずい→あまり消費しない→ますます酸っぱくなる→捨てる→たまにはコーヒーでも飲むか→酸っぱい先入観で飲む気にならない→最初に戻る。最近外でしか飲んでいませんねコーヒー。家で何を飲んでいるのだろ自分。水かしら。

■自宅でドリップコーヒーを淹れる前に気をつけておきたいこと

コーヒーを淹れる前にちょっとだけこだわるとより美味しいコーヒーができあがります

手動のミルを使うとコーヒーの香りを存分に楽しむことができるが、電動式でも手動式でも味に大きな差は無い

飲みごろの温度に抽出するために、ドリッパー、サーバーなどの抽出器具、カップ&ソーサーやスプーンなどは、あらかじめ温めておきます

■美味しいハンドドリップコーヒーを淹れよう

より美味しいコーヒーを飲むための技術(ハンドドリップ)

180mlの水に対して大さじ2杯(10g)のコーヒーの粉がスターバックスのおすすめ

挽いたコーヒーの粉をフィルターに入れます。入れたら山のままではなく平らにしてください

粉に触れている時間の短い湯が下に落ちてしまうので、お湯っぽい味になってしまうのでフィルターにお湯はかけない

目安は抽出まで3分、上手にコーヒーを淹れるコツ

粉の中心に、深煎りほどゆっくりと細く湯を細く置くような気持ちでゆっくりと注ぎます。500円玉位の大きさを目安にするとよい

縁に注ぐとどうしても苦味がでてしまう

コーヒーの美味しさを最大限に引き出すために、粉全体が湿る程度にお湯を注ぎ、20~30秒ほど蒸らしましょう

蒸らすことで味が決まってきますので、しっかり蒸らしましょう

粉の外側ギリギリまではかけないように、『の』の字を描くように中心から外側へ、そして、最後には中心に戻る。

必ず先に淹れた層よりも上に淹れない様にしてください

最後までお湯が落ちきる前にドリッパーを取り上げることでより美味しくなる

最後までコーヒーを注いでしまうと、雑味が出てしまう

■より美味しいコーヒーを淹れるための保管法やこだわること

上手にいれても保管や管理が悪いとコーヒーの味も台無し…美味しくコーヒーを飲むための保管法やこだわること

湯の温度が高いとコーヒーの成分は溶け出しやすくなります。『苦み成分』も溶け出す速度が早くなり、湯の温度が低い時よりも多くの『苦み成分』が溶け出し、苦みの強い濃い印象のコーヒーに仕上がる

逆に湯の温度がぬるいと、まろやかなコーヒーになる

コーヒーの98%は水のため、味や匂いのない水を使うことが不可欠。理想的なお湯の温度は90℃~96℃

水にこだわるとより美味しいコーヒーになります

香りの専門家は、コーヒー、特に深く焙煎した豆であればあるほど冷凍保存は避けるべきだと強くアドバイスしています。一番いいやり方は、5日から7日おきにコーヒーを買い足すようにして、密閉容器に入れて室温で保存する。

冷蔵庫や冷凍庫にいれるとコーヒーが香りを吸ってしまう

■インスタントコーヒーが美味しくなる裏技

コーヒーをお湯で溶かして普通に入れた後、電子レンジで温める。インスタントコーヒーの分子構造が活性化され味がまろやかになる

適量のインスタントコーヒーをカップに入れ、少量のお湯で練る。こうする事で熱湯に溶け易くしておく。その後、少量のお湯を引いた分の適量の湯を注いで入れる

練る事で舌触りが良くなります

1 2





生活の一ミリでも役に立てれば幸いです。
御意見はtwitterまで @ikuo00uk
「Naverまとめで嗜好品代は稼げるのか」http://goo.gl/Is9Vp⇒成功