監督不在の練習は、同校で立浪和義氏(元中日)らと同期だった深瀬猛コーチ(44)を中心に行っている。試合中の投手交代や攻撃時のサインは、ベンチキャプテンの田中俊選手(2年)を中心に選手が話し合って決める。「野球の考え方が統一できているので、サインも出しやすい」と田中選手。大阪大会ではランナーをバントで送るケースが多かったが、決勝の履正社戦では3点差を追う九回に先頭打者が出塁すると、バスターで左前安打。「選手たちだけでバスターを決めたのは成長です」と深瀬コーチは話した。

出典【高校野球】PL学園、上下関係「付き人制度」「後輩が洗濯」禁止で「試合中けなさない」「ミスもほめる」…“監督不在”でも近畿大会出場(1/2ページ) - MSN産経west

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

PL学園野球部新規募集停止へ・・・このまま監督が見つからなければ廃部も!?

PL学園の野球部は去年、上級生による下級生への暴力行為が発覚当時の監督が辞任。校長が監督代わりにベンチに入るなどして活動を続けてきましたが、後任の監督が見つからず、新規募集の停止を発表・・・このままでは、清原、桑田などの名選手を輩出し続けた高校野球の名門高校が廃部になってしまうかもしれない

このまとめを見る