1. まとめトップ

「はあちゅう」(伊藤 春香)の生き方と恋愛感。アラサー女性の代表格ブロガー

「はあちゅう」(伊藤 春香)は、女子大生時代に『クリスマスまでに彼氏を作る』ブログで大ブレイク。その後に電通に入社してコピーライターをして、転職してトレンダーズに入社。2014年にフリーランスとして独立しています。

更新日: 2017年08月13日

misukiruさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1 お気に入り 14331 view
お気に入り追加

女子大生ブログで大ブレイク

クリスマスまでに彼氏を作るというブログを2人の女子大生が書いて大ブレイクしたという過去があります。

“モテない女性”が、彼氏を作るまでの奮闘ぶりをブログにつづる。そんな内容だったが、すぐにネット上で「面白いブログがある」と噂が広まった。

1日に3万8000ビジター、10万PVを集めるヒットになった。一時はlivedoor blogのランキングで、ライブドア堀江貴文社長のブログに次ぐ3位を記録

はあちゅうとは?

1986年生まれ。慶應義塾大学法学部政治学科卒。在学中に「クリスマスまでに彼氏をつくる」「世界一周をタダでする」などのプロジェクトを行い、女子大生カリスマブロガーと呼ばれる。

大体平日も休日も6時半に起きて、シャワーを浴びたらパソコンに向かうことが多いですね。

はあちゅうの炎上戦略

滑らかなものより、刺激のあるほうが誰かのアンテナには引っ掛かりますからね。そこで覚えてもらえればいいと思って

はあちゅうの恋愛感

最近お仕事や人との出会いが楽しく、毎日が充実しているので、彼氏がいないことがあまり苦ではないのです。

私を『お姫様』として見出してくれて、幸せにしてくれる。そんな『王子様』を求めています

28歳にして(笑)。自分でも妥協しなきゃいけないなって、少しずつ思い始めています

*妥協された男が可愛そうだわ

散々態度で相手への好意を示したにも関わらず相手が何もアクションを取ってくれないくらい、敗北感に打ちのめされることはありません。

永久にある100%の幸せじゃないかもしれないけど、男の人に一生守ってもらえるっていう保証書というか、あなたは俺が守りますっていうスタンスが心にくる

はあちゅうさんは、テレビにも沢山の出演をしているようです。

「女子大生カリスマブロガー」として一世を風靡した存在であり、今ほどネットに触れていなかった当時の私でさえその名を知っていたくらい有名な人である。

はあちゅうの求める男性像

男子は、決して歩くミシュランにはなる必要はないけれど、女子を魅了する自分なりのラインナップを持っていると、恋愛において有利

まずは「大変だね」。そして、「そんな大変な時に、会う時間作ってくれてありがとう」。この1セットで全ての女子は上機嫌

女子は、男子の話を聞くために会っているわけではなく、自分の話を聞いてほしいから会っているんです。そこをはき違えないでほしい。

モテない男は全ての主語が「俺」です。せっかくの女子のサインを全て俺ベースで返す必殺オレオレ男。

*モテない女は全ての主語が「私」です。ねえ、はあちゅう先生?

、やっぱり男性と女性が初めて会うデートのときには、お店のことを事前に考えてほしいし、歩き疲れた果ての適当な居酒屋とかは、あんまりいい展開にならない

*これは同感だな。女性とデートに行く時には、それだけお金を出そうという意気込みで行くのはマナーかな。だけど、20代男性にそれを求めるのは難しいよ?今の20代男性は金がないから。

女子が何か聞いてきたら

1 2





misukiruさん